レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:海

俺の初体験は大学三年の時。
相手は同じサークルだった同期のルミ子(他学科)。
ルミ子は彼氏と別れてから間もない頃だった。
俺は前から思いを寄せていたので、これはチャンスと思ったが、臆病な俺はコクれないまま様子見に甘んじていた。
そんな時、サークルで飲み会。
俺はルミ子のとなりでしこたま飲んだ。
飲んでベンロンベロンになってしまい、お開きになってからもルミ子が俺を積極的に介抱してくれた。
他の奴らはあまり気にもしてないみたいで、俺の事はルミ子任せでさっさと二次会の場所を告げて行ってしまった。
吐くまではいかなかったが、かなり酔っていた。
水を飲むと少しマシになった。
でも二次会に行ける感じではない。続きを読む

俺の初体験は大学三年の時。相手は同じサークルだった同期のルミ子(他学科)。ルミ子は彼氏と別れてから間もない頃だった。俺は前から思いを寄せていたので、これはチャンスと思ったが、臆病な俺はコクれないまま様子見に甘んじていた。そんな時、サークルで飲み会。俺はルミ子のとなりでしこたま飲んだ。飲んでベンロンベロンになってしまい、お開きになってからもルミ子が俺を積極的に介抱してくれた。他の奴らはあまり気にもしてないみたいで、俺の事はルミ子任せでさっさと二次会の場所を告げて行ってしまった。吐くまではいかなかったが、かなり酔っていた。水を飲むと少しマシになった。でも二次会に行ける感じではない。続きを読む



彼女は淳ちゃんといい、僕とは大学に入学してから出会った仲だった。
見た目だけしっかり者、だけどなんだか抜けているところがとても可愛い。
セミロングの今時珍しい黒い髪、整った目鼻立ちで胸はそこそこ、身長は168cmと少し高め、人並み程度の僕の隣にいてくれる女の子としてはとても不釣り合いで、恐れ多いほど。
それでも仲間内からは「お似合い」とか言われて、悪い気はしなかった。
そんな彼女が「雑誌のモデルにスカウトされた」と僕に自慢してきたのは先週のことだった。
彼女の「でも、断ろっかなー」という…おそらくは僕が「すごいね、やってみれば?」というのを期待しての言葉に、もちろん、背中を押しした。続きを読む

彼女は淳ちゃんといい、僕とは大学に入学してから出会った仲だった。
見た目だけしっかり者、だけどなんだか抜けているところがとても可愛い。
セミロングの今時珍しい黒い髪、整った目鼻立ちで胸はそこそこ、身長は168cmと少し高め、人並み程度の僕の隣にいてくれる女の子としてはとても不釣り合いで、恐れ多いほど。
それでも仲間内からは「お似合い」とか言われて、悪い気はしなかった。
そんな彼女が「雑誌のモデルにスカウトされた」と僕に自慢してきたのは先週のことだった。
彼女の「でも、断ろっかなー」という…おそらくは僕が「すごいね、やってみれば?」というのを期待しての言葉に、もちろん、背中を押した。
でもそれは彼女が他の人に、無理矢理されるのを見てみたい、という性癖を持った僕が、それ系サイトに応募して、念蜜に仕組んだアングルだったりする。
もちろんカメラマンとスタイリストはグルだし。
さらに依頼した僕も僕だ。
当然最後は、もう行くところまで…というのが約束だった。
モデル料入ったらごちそうしてあげる」って彼女の言葉がちくりと来た。
でもそんなそわそわが落ち着かないまま、撮影の土曜日を迎えた。
もちろんその前の晩は、酒を飲もうが中々酔う事はできずにまったく眠れなかった。
僕は当然、野外撮影には立ち会えなかったけど、夕方からの部は淳ちゃんに知られないよう、合流する予定だった。
見られなかった前半の分は後日丁寧に、撮影写真のデータと、メイキングのビデオテープが送られてきた。
それによると、衣装は高校生の服装でスタート。
紺色の3つボタンのブレザーに赤いネクタイ、今の流行よりは少し長めのプリーツスカートに、白い靴下。
僕が見たことない淳ちゃんの制服姿。

彼女は淳ちゃんといい、僕とは大学に入学してから出会った仲だった。
見た目だけしっかり者、だけどなんだか抜けているところがとても可愛い。
セミロングの今時珍しい黒い髪、整った目鼻立ちで胸はそこそこ、身長は168cmと少し高め、人並み程度の僕の隣にいてくれる女の子としてはとても不釣り合いで、恐れ多いほど。
それでも仲間内からは「お似合い」とか言われて、悪い気はしなかった。
そんな彼女が「雑誌のモデルスカウトされた」と僕に自慢してきたのは先週のことだった。
彼女の「でも、断ろっかなー」という…おそらくは僕が「すごいね、やってみれば?」というのを期待しての言葉に、もちろん、背中を押した。
でもそれは彼女が他の人に、無理矢理されるのを見てみたい、という性癖を持った僕が、それ系サイトに応募して、念蜜に仕組んだアングルだったりする。
もちろんカメラマンとスタイリストはグルだし。
さらに依頼した僕も僕だ。
当然最後は、もう行くところまで…というのが約束だった。
モデル料入ったらごちそうしてあげる」って彼女の言葉がちくりと来た。
でもそんなそわそわが落ち着かないまま、撮影の土曜日を迎えた。
もちろんその前の晩は、酒を飲もうが中々酔う事はできずにまったく眠れなかった。
僕は当然、野外撮影には立ち会えなかったけど、夕方からの部は淳ちゃんに知られないよう、合流する予定だった。
見られなかった前半の分は後日丁寧に、撮影写真のデータと、メイキングのビデオテープが送られてきた。
それによると、衣装は高校生の服装でスタート。
紺色の3つボタンのブレザーに赤いネクタイ、今の流行よりは少し長めのプリーツスカートに、白い靴下。
僕が見たことない淳ちゃんの制服姿。

続きを読む

このページのトップヘ