レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:湯

山本はねちねちと英子の耳元でささやき続けた。

この時の山本は上半身を英子のからだに密着させて両腕は脇から背中に回して
しがみつくようなスタイルで抱きしめていた。英子の大きなおっぱいは山本の
胸で押しつぶされるような形をしていた。
そして、山本は英子の右頬に自分の右頬を擦り付けながら英子の耳元でねちねち
といやらしいことをささやき続けた。
そして、下半身は英子の両足をM字型に広げて自分の恥骨を英子のヘアーに擦り
つけるように回転運動を続けていた。

英子の意識が遠のき始めると山本は英子の耳たぶをかんだり首筋をかんだり
乳房に噛み付いたりして英子を覚醒させた。
山本は英子にありとあらゆる陵辱のかぎりをつくすつもりだったのだろう。続きを読む

山本は電話口の向こうで黙りこんでしまった。
「ねぇ、聞いてるの?」
「・・・」電話からは山本の息遣いのみが聞こえてくる。
かなり呼吸が荒れているようだった。

「なんで、山本君があんな写真持ってるの?」
「・・・」
「ねぇ、聞いてる?」
「えっ・・・あぁ、うん」
「誰が撮った写真なの・・・」
「山本君?山本君が撮ったの?」
「・・・あっ、うん」

「どうして、あんな写真撮ったの?いつ撮ったの?」
「・・・」
「ねぇ、黙ってないで答えてよ!」
英子の口調はだんだんと激しくなっていった。

「他にも写真あるんでしょう?」
「・・・」
「デジカメで撮ったの?」
「・・・」
「聞いてるの?」
「う、うん・・・」
続きを読む

情:花火Ⅱ』
 (Ⅰより 承前)気が付くと 私のペニスが萎縮し、抜け掛かったので  女房がティッシュを当てて始末して呉れています。「風呂へ 行こうか?…」「ウン…」で 女房の案内で共同大浴場へ行きます。
 冬でも海岸気分で遊べる波の出る温泉プールの脇を通り 十数種類ある温泉フロアへ行きます。ここは2階に亘っていて 時間で男と女が切り替わるのだそうです。およその時間を申し合わせて 風呂から上がると食堂で夕食です。特注の料理にビールを頼み 女房と乾杯して顔を見合すと、「これが さっきあんなに乱れた女房か…」と思うほど サッパリした顔をしています。「何を 考えてるの?…」「いいや… さっきのこと…」「バカネェ…」「あんまり 知らん顔してるから…」 そんな会話も二人だけのことです。ウエイトレスに聞くと 花火は夜9時前から30分くらい、洞爺湖の東岸を 南から北へ船で移動しながら打ち上げるのだそうです。「花火を見るには 少し寒いわネェ…」「いや そう思ってさ…、部屋で花火を見れるように 最上階の部屋にしたんだよ」「そうなの…」「ユックリ食事を済ませて 暖房の利いた部屋で花火を見るのも珍しくて良いだろう…」。

続きを読む

あれは、中学二年生の時のある小春日和というには暑すぎるくらいの日だった。



その日は、学校の創立記念日で友達と朝から野球をしていた。



中三のも同じく友達とテニスに行くと言っていた。



夕方近くに帰ってきた俺が、すぐに風呂に入ろうと服を脱いでいると、



「ただいまー」と聞こえたのでも帰ってきたらしい。



とりあえず「おかえりー」と返して風呂に入った。



するとが一階に降りてきて、「げ、風呂使ってんの?」



なんて言っている。しばらくして「一緒に入っていー?」なんて聞いてきた。


続きを読む

二週間前ぐらいに

合格通知たたきつけてやったww

そしたら泣いてやんのwwざまぁwww







なんか頭いいふりしてるけど

二浪目wwwテラ親不孝www



てかさww

おれww

小学生のとき父親でていっちゃって

片親wwざまぁww

まぁ 天才だから

凡人とハンデつけてやったんよwwww


続きを読む

このページのトップヘ