レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:男優

満員電車の中でヤるのが病み付きになってしまいました

minad-999 女性 エッチ体験談エロ体験談,セックス体験談,, セックス, 痴漢 0 Comment

私には2歳年下の彼がいて、同棲中です。

同棲を始めてから数カ月、いつもいつも体を求めてくる彼にちょっとうんざりしている自分がいました。

Hするのは嫌いじゃないし、彼のことも大好きだけど、「自分だけイったらオシマイ」みたいな彼の態度にちょっとした不満を抱いていました。

ようするにマンネリ気味になっていたのです。

でも、ある日を境にマンネリは解消されることになったのです。

ある日のこと、私はいつものようにバイトに出かけました。
続きを読む


 時々二人で協力して体位を替え、桃子を責め続けました。私がした事がな
体位が殆どです。そしてを裏返しにしました、いわゆる四つんばいです。
これはが嫌がり一度もしたことがありません。それを素直に従う桃子を私
は唖然と見つめます。

 桃子の性器が私の目の前に現れました、こうして彼女のものを見ることも
結婚以来初めての事でした。そこかポッカリと穴が開いています。気が立
っているようにも見えました。これが雅彦さんのものが入った証なのでしょ
う、彼の蹂躙の後です。また彼は微笑みながら桃子のに手をかけるとゆっ
くりと男根をあてがいます。

 先ほどまで入っていたにもかかわらずまた入りません、雅彦さんが数度試
続きを読む



間はここがどこで自分が今まで何をしていたのか思い出せなかった。
近くで女の悲鳴が聞こえて驚いた私は声のする方を見た。
聞き覚えのある声の主は見間違う筈もなく、の綾子だった。

その綾子が先程の男に床に押し倒された格好で形で襲われていた。
その日着ていた薄手のピンクのセーターを捲り上げられて、ずり上げられたブラジャーの下の乳白の乳房をごつい手が揉み上げている。
「ああっ、嫌…やめて!」綾子が男の腕を掴んだり、叩いたりして抵抗していたが、男に対してそれは何の効果もなかった。



私は慌てて立ち上がろうとした。
だが、私はその時になって初めて気が付いたのだった。
自分がロープで縛られていて、小屋の柱に固定されている事に…。続きを読む



結婚している主婦なんですけど
実は私、アダルト関係のHなモデルをしているんです

このアダルトなアルバイトを始めたのは
不況のせいで、夫の給料が減り、
生活は厳しくなったからなんです

貧困夫婦になり、
もう少しゆとりのある生活がしたいと
ピンク関係のモデルを引き受けたんです

この前の仕事の内容を電話で聞いたとき、
ちょっとAV男優さんと
絡むと言われ断ったんですが、

高収入なギャラに引かれたのと
もしもこの仕事を断ったら、
もう仕事がまわって来ない気がしたので、
仕方なく引き受けました

最後に生理の予定日を聞かれ、
始まると撮影できなくなるからだと、
その時は思いました。

連絡された日時に待ち合わせの場所に行くと、
続きを読む

こんな不妊治療あり?

舞台となった産婦人科については横浜です。
私の行ったところは病室を何室も持つ立派な病院で、普通の出産も一日に何件もあるところでした。
今まで不妊治療を行ったの評判が良く、料金も安いというので、そこを選びました。
そこで、不妊相談、検査とあり、私に原因があることが分かりました。
通常の不妊治療が成果が上がらぬ段階で、他人の精液による人工授精を行い、それもだめだったので生身の男性による受精となったのです。
その舞台は、人工授精までは病院でしたが、その後は、病院の裏にある病院長が経営する賃貸マンションの最上階の一室で、ビデオカメラの設備がありました。
そこで、自分のが見知らぬ男に生で挿入され、イカされ、そして膣内に射精されるという屈辱的な光景をモニター越しに続きを読む

このページのトップヘ