レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:男性視点



会社の取引先に勤めていた女(A子 26歳)であったが、その取引先でも非常にガードが固く有名であった。
顔は普通、スタイルは中々良い感じであったが、噂どおりガードは固かった。
取引先の人たちと飲む機会に恵まれ、A子も来ていた。
飲み会が終り、2次会に行く人は2次会へ、帰宅する人は帰宅することになった。
俺は帰宅しようと駅の方へ歩いていったのだが、A子が後ろから付いて来た。
話しかけると、A子も帰宅するつもりだと。
『酔い醒ましにコーヒーでも飲みたいね。』『あそこにスタバがあるから、そこで飲まない?』と言うと、『スタバよりも缶コーヒーを公園で飲みたい』と意味深に言って来た。
公園でA子の暗い話を聞くことになった。続きを読む



子供が中学生になったことがきっかけで、の加奈子とはもう何年もセックスレスだった。
でも、俺にはキャバ嬢セフレもいたし、特に不満もなかった。
浮気していながら言うのもなんだが、家庭は幸せそのもので、独立した仕事も順調で、本当になにも文句のない人生だと思っていた。
それがある日、俺が急に家に着替えに帰ったことから、崩れつつあった。
何気なくレコーダーに挿入されたままだったディスクを見ると、無修正のかなりハードなエロ動画だった。
アナルを犯され、男達に口もアソコも同時に貫かれている女には、乳首とクリトリスにピアスがあった。
そして、ツルツルに剃り上げられた恥丘にも”恥女”という入墨があった。
それだけなら、が過激なエロ動画でオナってるなぁという感想を持つ程度だったと思うのだが、動画に出ている女の声が、の加奈子の声にそっくりだと気がつき、疑惑を持ってしまった。続きを読む



「オラ、オラ、もう少しだ。あとちょっとで、亀頭がスッポリ嵌まるから、そうすれば後は一気に一突きだっ。」男はの足を両肩に乗せ、弟の様に腰の力ではなく、勃起した魔羅に己の全体重を掛け、重力の力でのマンコに嵌める気だ。
勿論、80キロ近くもあろう大男の重みで男根を突かれれば、狭いのマンコでも容易に貫く事が出来る。
「アア~、クウ~ッ、入る、入ってくる、貴方の大きなオチンポが~。私のオマンコを分け入ってくる~。アア~、私のオマンコが太い杭で打ち抜かれていくよう~よ。ウウ~、もう、そこまでで許して、これ以上入れたら本当に私のオマンコ、壊れちゃう~。イヤ~、イヤ~、もう入れなで、もう一杯よ~。そんな大きいオチンポ私のオマンコには入らない~。ア~、ア~、お願い、お願い、それ以上堪忍して~。イヤ~・・・・・・・・・」男根の半分近くを外界に残したまま、のマンコは既に満たされた様だ。続きを読む



私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。
は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。
単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。
最初はと息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。
ところが息子が高校に進学して間もなく、からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。
仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。
しかししばらくしてから自宅に友達が遊びに来るようになったと報告があり安堵していました。続きを読む



今年の正月、の実家へ挨拶に行った時のことだ。
かねてより、佳恵をモノにしたいと狙っていた俺に、とうとうそのチャンスが訪れた。
「さあさあ、貴志さん、一杯どうぞ。」美しい佳恵に勧められると断り切れず、立て続けに杯を重ねた俺は、あっという間に酔いつぶれてしまった。
どれだけノビていたのか、気が付くと佳恵が台所に立って料理を作っている。
「ああ、お義母さん、美優や子供たちは?」「皆でイオンにお買い物。 おもちゃでも買わされているんじゃない?」今、家にいるのは佳恵と二人だけだ。
かねてからの想いを遂げるべく、台所に立つ佳恵に後ろからそっと近づいた。
学生の頃からの『熟女』好きな俺にとって、佳恵は素晴らしいターゲットだった。続きを読む

このページのトップヘ