レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:男性視点



私は44歳のサラリーマンで現在単身赴任中です。
は42歳の専業主婦で高校2年生の息子と二人で留守を守ってくれています。
単身赴任で転勤になってもう2年余りになりますが、半年ほどで本社に帰れる手はずになっています。
最初はと息子だけ残して転勤というのは心配でしたが、息子の高校進学もありましたし、は柔道2段の段持ちで曲がったことが大嫌いな真面目な性格でもあり信頼して家を後にしました。
ところが息子が高校に進学して間もなく、からのLINEで息子がイジメに遭ってるようだと知りました。
仲間外れにされてるようで、落ち込んでいると知らされ私も悩みました。
しかししばらくしてから自宅に友達が遊びに来るようになったと報告があり安堵していました。続きを読む



今年の正月、の実家へ挨拶に行った時のことだ。
かねてより、佳恵をモノにしたいと狙っていた俺に、とうとうそのチャンスが訪れた。
「さあさあ、貴志さん、一杯どうぞ。」美しい佳恵に勧められると断り切れず、立て続けに杯を重ねた俺は、あっという間に酔いつぶれてしまった。
どれだけノビていたのか、気が付くと佳恵が台所に立って料理を作っている。
「ああ、お義母さん、美優や子供たちは?」「皆でイオンにお買い物。 おもちゃでも買わされているんじゃない?」今、家にいるのは佳恵と二人だけだ。
かねてからの想いを遂げるべく、台所に立つ佳恵に後ろからそっと近づいた。
学生の頃からの『熟女』好きな俺にとって、佳恵は素晴らしいターゲットだった。続きを読む



俺は学生時代からずっと目指していた役者として活動していたが、通行人や一瞬しか出ない脇役しか出演したことがない。
それが初めて連続ドラマに出演が決まった。
アイドルとの共演だ。
でも俺はそのアイドルの愛ちゃんをレイプする役だった。
どう考えてもエロシーンで視聴率を上げようとしているだけだろう。
初めてのドラマでこんな役は正直ショックだが、贅沢は言えない。
セットがあるスタジオで台本を読みながら出番を待つ。
まあ台詞なんて碌にないから暇つぶしに読んでいるだけなんだけど。
「よろしくお願いします」憂鬱そうに俯きながらスタジオに入ってくる。
「よろしく」「よろしくお願いします・・・」レイプされる役だが、かなり目立つ役だ。続きを読む



10代の少年達は、1ケ月もするとの体に飽きてきたのでしょう。
いくら若く見られると言っても40代のですから。
少年達の多くの精液を体内に受け入れ、性欲処理どころか精液処理のティッシュにのように口を使わされただけのでした。
さすがに彼らには、40代の人妻調教することまでは考えなかったようです。
は、これから書いていく大学生達による調教により、自ら若い男に声をかけ、抱かれると言う淫乱主婦にさせられたのです。
少年達は、の後始末を大学生のtとkに頼んだのでした。
はいくらかのお金で大学生に売られたのでした。
tとkによるへの調教の開始です。
学生達の慰安婦になる為、は心までも変えられていきました。続きを読む



今から私がこの3ヶ月に及ぶ計画の末、人生で最も興奮し、熱くなった出来事をここに記します。
私は結婚10年目で今年42歳になる会社員です。
は「彩子」と言いまして、39歳になるまじめで貞淑なです。
私は今でも、結婚当時と変わらず彩子を心から愛していますが、結婚を3年が経過したあたりから愛する心とは裏腹に、に女としての魅力を感じることも少なくなりました。
時同じくして、私はある妄想を抱くようになりました。
それは愛する彩子が、他の男の硬くて大きなペニスを突っ込まれ、よがり狂う姿を見たい、というものでした。
その手のビデオや本を見たりして、その欲望を何とか抑えてきましたが、それもついに限界を超えました。続きを読む

このページのトップヘ