レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:異常



先日、衝撃的なことがありました。
私は酒が弱くて、飲み会でも乾杯で口をつける程度で、あとはウーロン茶とかを飲んでるので、店に行く時も車で、帰りの送りにも使われてたけど、それが幸いしました。
飲めないくらいだから、いつも二次会には参加せず、一次会で帰る二・三人を乗せて最寄りの駅に送って帰るんだけど、その日も三人乗せたんだけど、その中に、ベロベロに酔った30代の既婚のパートさんもいて、まずは近い私鉄の駅で一人降ろし、JRの駅で残りの二人が降りるはずだったが、酔ったパートは、一人で帰れそうもなく、自宅も近所だったので送る事になった。
家の前に着き、寝ていたパートを起こすと、「ここどこ?二次会は?えー、なんで家なの!今日は旦那が帰って来ないから、二次会・三次会に行こうと思ってたのにぃ。続きを読む

 私、過去に何度も・・中学のときK先輩に呼び出され無理やり抱き押さえこまれキスされ、暴れる私のみぞに膝蹴り「うっ」ってかがみこんだ私の両手を持ち用意してあったおもちゃの手錠で柵に両手を拘束した。「何するんですか?」と叫んで振り返るとK先輩の友達(3人)が隠れていたらしく、ニヤニヤとこちらを見ている恐怖で叫ぶ事も忘れ小さい声で「離してください・・」聞き入れてくれるわけなどなく、
 K先輩に後ろから上半身は手錠のところまで脱がされ、下半身は全部剥ぎ取られ後ろからK先輩が私のアソコを舐め始めた一生懸命足を閉じようとしたら、K先輩の友達が両脇にきて腰と足を抑えつけK先輩が舐めながらズボンを下ろし後ろから挿入・・怖くて声がでないはずなのに見られてる恥ずかしさと舐められ、入れられ、濡れ「あぁっ」喘いでし続きを読む



仕事で営業回りをしていて、俺ともう1人、

春に入った新卒の女の子と外回りをしている時に、

女の子の体調が急に悪くなった。

出社した時から気分は悪そうやったけど、

外回りしているとますます体調が悪くなってきて、

顔も真っ赤で、どうやら高熱があったみたい。

とりあえず会社に連絡をして帰らせる事になったが、

フラフラでとても1人で電車に乗って帰れる状態ではなかったので、

その日は俺も仕事もそんなに立て込んでなかったから

そのままアパートまで社用車で送っていく事になった。


他に女性社員がいればよかったが、

営業所へ戻るより一刻も早く家に返した方がいい思い、

その日は女性社員は休みで誰もいない日だった。続きを読む

バイトの同僚で優希って子がいるんだけど、20歳で見た目はミヒマルGTの女の子に似てて
とにかく可愛くてバイトのアイドル的存在で、当然俺も好意を持ってたんだよね
今は彼氏がいないって事で皆密かに狙ってたんだけど、ある日バイト終わりに俺と優希と
同僚の直哉と美樹で居酒屋で飲んでたんだ、美樹は優希と仲がよくてまあ普通の子
直哉は元ヤンで見た目は相当イケメン、特定の彼女はいないけどバイトの女を食い散らかして
男からは煙たがられてる存在、当然直哉は優希を狙ってるんだけど優希は相当堅い子らしくて
直哉が口説いても全然相手にされてないみたいだった、その時も優希が直哉と二人だけだと絶対
に飲みに行かないから、たまたま残ってた俺と美樹を誘ったらしい
続きを読む



は36歳で、結婚して7年目になる仲の良い普通の夫婦です。
何故か、最近、が他の誰かに抱かれるところを見たいと言う思いが無性に込み上げてきていました。
でも、いざするとなればそんな勇気が私にあるわけでもなく・・・といった状況でした。

でも欲求は日増しに強くなるばかりでした。
友達にしてもらうわけにもいかず、かといって見知らぬ人はやっぱり怖いので、想像だけの世界で悶々とした気持ちの中でなんとなく日々楽しんでました。
は私以外の経験はありません。

1年ほど前からに、他の人に抱かれてみたくない?と話していました。
もちろん、最初はかなり驚いて「何、馬鹿なことを言っているのですか」とあっさりかわされていました。続きを読む

このページのトップヘ