レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:異常シチュ








こんにちは、サラリーマンをしている37才既婚の男です。
自分で言うのも淋しいですが、僕はあまり出世に向かないタイプの人間です。
この年になっても未だに役職も無いまま過ごして来ました。
結婚はしたものの、給料が少ないので共働きで頑張っています。
妻は32才で、「真由実」と言って、特に目立つような美人ではありません。
妻の実家は一般的な家庭ですが、両親が厳しくて、付合っている当時の門限は10時でした。
そのせいか真由実は、すごく地味な女になったみたいです。
でも、顔だけ見ればかなりの美人だと思います。
体も肉付きが良くて、ムッチリしています。
確かバストはFカップあったと思います。続きを読む



去年の秋、念願のマイホームを購入した。
郊外の静かな所だったが、と共に喜びに浸っていた。
不景気の影響なのか?まだ周辺には空土地が多く見え、我が家の隣には道路を挟んで大きなお屋敷が立っていた。
敷地500坪はあるだろうか?大きな塀で囲まれ、植木が立ち並んでいて中の様子は良く見えないが、中央に本屋と車庫が並んでいた。
我が家の近くには蔵と平屋の部屋が建てられているのは見えた。
近所の方に聞いた話だと、この辺の大地主で、大金持ちと言う事だった。
住んでいるのは、60代(男性)とその孫16歳(男)の2人で、息子夫は海外で生活しているとの事だった。
60代の男性は、気難しくかなりのケチ!孫は不良で、我が家に近い離れに住んでいた。続きを読む



 私が小学校4年(10歳)のときの話です。
 中学2年(14歳)のと叔の家に預けられたことがありました。
マンションの住み替えで、2ヶ月のことでした。
 は成育が早く、もうおっぱい(Dカップ位あった。
)が膨らんでいて、一緒にお風呂に入ったときにあそこに毛が生えてました。
 さて、預けられた叔さんは母親で、看護婦で、不規則な勤務でした。
すでに結婚していて、叔さんのだんなさんは30代後半だったと思います。
 預けられて数日したとき、が叔父さんの部屋から出てきたのですが、泣いているのに気がつきました。
 私が「どうしたの?」と聞くと、は「ううん、なんでもない。」と答えました。続きを読む



この前、仕事場の忘年会(温泉に泊まり)がありました。
元々女の方が多い職場だったので、油断していたのもあるのですが、温泉に入って浴衣着替えると、すっかりリラックスしてしまって、宴会の席で少し飲みすぎてしまいました。
ホロ酔いになって、トイレに行こうと立ち上がると、少しフラッとして倒れてしまいました。
同僚の女の子達もみんな結構ベロベロで、たまたま傍にいた先輩(男)が心配して、トイレ(入り口)までついて来てくれました。
「もしかして襲われちゃうかも」とドキドキしていた私は、拍子抜けしたままトイレで用を足して出ると、まだその先輩が前で待っていました。
そして、その先輩は「ちょっと飲みすぎたみたいだから少し休むと良いよ」と言って、私の部屋まで連れて行ってくれました。続きを読む



10代の少年達は、1ケ月もするとの体に飽きてきたのでしょう。
いくら若く見られると言っても40代のですから。
少年達の多くの精液を体内に受け入れ、性欲処理どころか精液処理のティッシュにのように口を使わされただけのでした。
さすがに彼らには、40代の人妻調教することまでは考えなかったようです。
は、これから書いていく大学生達による調教により、自ら若い男に声をかけ、抱かれると言う淫乱主婦にさせられたのです。
少年達は、の後始末を大学生のtとkに頼んだのでした。
はいくらかのお金で大学生に売られたのでした。
tとkによるへの調教の開始です。
学生達の慰安婦になる為、は心までも変えられていきました。続きを読む

このページのトップヘ