レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:痴漢

高3のときの話。

週末に友達と都内の某クラブに行ったんだけど、すごく混んでて、友達とはぐれちゃったけど、たまたま会った男性がタイプだったので、一緒にいたら、ちょーミニのスカートに背中があいたベアトップ一枚って格好だったから、ばっくり開いた背中から手前に手を入れてきて、音に合わせて揉んできて、カップのついたを着けてたんだけど、下に引っ張られて、乳首を出され、執拗に乳首を触られたので、さすがにやだぁ、と言いました。
でもだいぶテキーラとか飲んでたので私もうまく抵抗ができてなかったのかも。
いやがるふりと思われたみたいで、ミニの中はtバックでずっとおしりをなで回され、タイミ続きを読む

俺が中学生の頃、同じバス停から乗る女子大生ol風の巨乳ちゃんがいた。
その巨乳ちゃんとは、駅からの電車も同じ方向で同じ車両に乗り合わせる事もあった。
東京方面の上りはかなり混雑するけど、子供心に巨乳ちゃんとの密着を楽しんだりしていた。
ある日、斜め前に立っていた巨乳ネーチャンの「やめてください・・・」という低い声が聞こえた。
見ると、巨乳ちゃんの服のジッパー(前開きのワンピース)が腹の辺りまで下ろされ、男の手がちゃんの胸を揉んでいるのが見えた。
その手を振り払おうとするちゃんの手がオッサンの手を掴んでいた。
ちゃんが反対の手でジッパーを上げようとすると、別な手がそれを阻んでいた。続きを読む

私は歳の会社員男性です
月日朝に投稿された回顧女性さんの記事を拝見して
私も知多市に住んでいますが 今回自分の体験を投稿したいとおもいます
強姦とか痴漢とかではなく 私が見た真実を知ってください
私が中学生のとき、進学のことで悩んでいてこの日は学校を休んで一人家で
何するわけでもなく 二階の窓際の椅子に座って外の様子を見ていました 
向かいの家に土建業を営んでいて 家の脇に作業員用の平屋の宿舎があるんだが 私は何気なくこの宿舎を見ていると この家の当時歳代の社長の奥さんが周りを伺うように キョロキョロしながら宿舎の入り口付近に立っていると 宿舎の中から一人の続きを読む

毎日の通勤電車、混雑だけでとてもつまんない日々です。
ここ数日、毎晩終電間近の日々が続き心身ともにヘトヘトでした。
つり革を持ったまま眠るのなんか全然普通で。
そんなのが当たり前の日々でした。
月曜日、妙に暑く、また急な雨が降った日のことです。
夜には止むかな・・・とか思ってたのにどんどん雨足が強くなり。
帰る頃には折り畳み傘じゃ心もとない降りっぷりで。
続きを読む

丁度今の季節くらいで、洋服も薄着になり出した季節。
自分ではそんなに露出しているつもりはなかった。
ある日の朝、乗り慣れない通勤時間の満員時間帯に電車に乗ることになった。
ホームに着くと、人があふれていた。
「これが通勤ラッシュか・・・この調子だと電車の中座れないな」そう思いながら、列に並んだ。
みんな無表情で電車をまっている。
「これからみんな仕事なんだ」そう思っていると、電車が来るアナウンスが流れた。
電車が入ってくると列が少し横にずれるように動く。
電車の扉が開いた。
我先にと降りてくる乗客が降りきる前にホームにいた人たちが乗り込む。
流れに飲まれながら、私も電車内へと・・・しかし、流れは止まらず、私は必死に閉まっている方の扉と席の間のつかまり棒の所に逃げた。続きを読む

このページのトップヘ