レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:盗撮



の広場で
何やらイベントが開催されていたんです

といっても、風景写真の展覧会といった
地味な催し物で
たいした盛り上がりが
あるわけでもありません

集まってる人の年齢層も高め

そんな中、場違いにも
思えるようなロリJCの姿が!

雑草の中に咲く一輪の花

そんな存在感があり
思わず足を止めてしまった

そしてそのロリJCの容姿を拝見

やや垢抜けないながらも
整った可愛い顔をしています

髪も染めてなく
清楚感の強い純朴JCでした

また、日曜だけど制服姿でした

ジロジロ見てるわけにもいかず
その純朴JCの後ろに移動して

ステージを見るフリをしつつ
そのロリjcの後ろ姿を眺めます
続きを読む



よくよく考えてみると私が寝取られたんじゃ無く川本が奪うはずの美紀の処女を私が寝取った形に成ります、あの時もう少し時間が有れば、川本は美紀の事を間違い無く貫通させていたでしょう、そして間違いなく美紀も川本と結婚していたでしょう、以前美紀に何で俺と結婚したの?と質問すると解んない多分初めての男だからと冗談半分に、言われた事が有りました、
運命とは皮肉な物です、美紀と私の結婚式にもホテルの友達グループの中で、1人川本だけは来ませんでした、禿げ部長ですら出席したのに男として余程悔しかったんだなと、
今更ながら私は思いました、だから不倫の証拠と成る美紀とのSEX動画を危険を犯してまで盗撮して、私に渡し、見せつける事で、美紀を奪い返したぞ、中出しまでしたぞ、という主張をしたかったんだと思います、川本続きを読む



とある山奥の工事現場でのこと。街からは相当離れ、みんな車通勤です。そこの事務員をレイプです。前々から若い清楚な事務員だったのでいつか犯そうと計画していました。その日は偶然天候も悪く作業員のいない日となっています。工事関係者を打ち合わせという名目で仲間に呼び出させ街にて打ち合わせを実行です。僕ら数人はそのタイミングを見計らい(事務員が一人で執務中)山奥へ出向きました。もちろん顔は知っているので目出し帽着用です。声もばれるといけないので目的のみを実行です。初めて会う奴に会話の担当をさせました。遠目でいるところを確認し、いきなり事務所へ進入です。もちろん目出し帽ですから事務員はあわてて逃げ出そうとしています。続きを読む



30歳ぐらいの時に大阪に出張に行った時の話しですが満員電車の中でボディコンお姉さん痴漢された事があります。
僕の背丈は160cmしかなくそのお姉さんはハイヒールも履いていたと思いますが170cmぐらいある結構背が高くスタイル抜群で何よりボディコンと言う、当時はバブル絶頂時代だったからそんな服装をした女性もいても不思議ではなかったのですが、でも朝の満員電車で込み合うような事は分かりきっているのにこんな服装をしているのか少し疑問ではあったが、まあそんな事は本人の勝手なのでどうでも良い事ですがとにかく僕としては普段車通勤の上に何ヶ月かの出張で電車を使うくらいなので当の僕が一番驚いたと言うか変な動きをして周りに怖いおじさんが見張っていて痴漢呼ばわりされでもして恐喝事件に巻き込まれはしないのか続きを読む


私はリビングを覗いた。
Yがを見下ろしながら、全裸になっていく。
その年齢にしては屈強な裸体が現れる。
浅黒く大きな男の裸体だった。
拘束が解かれる。
そしてYの手は、未だ大きく息を吐き続ける、のファスナーに手を掛けた。
は動かない。
Yがワンピースを裾から捲り上げ、の頭部から引き抜く。
は少しだけ抗ったが、強引にその両手を上げさされたのだ。
下と揃いのラベンダー色のブラジャーを、は着けていた。

「ダンナは未だ帰ってこないよ」

未だソファーに上半身を埋めたままのに、Yは初めて声を掛けた。
の剥き出しの下半身が、異常に白く思えた。
が何かを言った。
私には聞こえなかった。

「ダメだ。もう一度だけ犯すよ、奥さん

続きを読む

このページのトップヘ