レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:目隠し



私は25才で結婚2年目の主婦です。
義父は現在、定年を二年後に控え一人暮らしをされています。
その義父から連絡があり出張の帰りに一泊されることになりました。
その日、義父に買い物に誘われました。
「玲子さん、ちょっと買い物があるんだけど、付き合ってくれないかなあ。一人じゃ不案内で一緒だと心強いから」「いいですよ。着替えてきますね」私は寝室に行き、軽くメイクをしてスーツに着替えました。
ウエストが細く絞ってあり、スカートはミニで、膝上十センチ近くあります。
「義父さん、お待たせしました」私はデートを楽しむかのように微笑みました。
義父と並んで歩くとき、甘えるように腕にまとわりつきました。続きを読む



前編は以下のとおりKはしばらく私の中で余韻を楽しんで立ち上がりまた何か取り出してきました。
そして「アヤ、今度は目隠ししてもいい?」と言って有無を言わさずにアイマスクをかぶせてきました。
そしてひものようなもので片手を持ち上げられてどこかにくくりつけられました。
なぜか抵抗できませんでした。
何がおきているのかわからない状況では人って本当にすぐに対応できないものだと思いました。
すごくきつく縛られているようで腕が痛くて、私はそれを訴えるために「んー、んー」 と声を出します。
するとKは「隣に聞こえるで、静かにし!」と私のほっぺたをぺちっと叩きます。続きを読む



前編は以下のとおり豚君以外のブ男との浮気の話です12月くらいに、いつも遅くまで遊び歩いてる私に親が猛抗議。
私も言われっぱなしは癪なので言い返して泥沼。
はっきり言ってイライラしてましたなんでそんな行動に出るかな~って自分でもわからなかったんですが豚君とのエッチの時にいつも着てるスカート丈ギリギリの改造制服で出かけてやったんです豚君じゃ洗濯できないんで、エッチした後日は私の家にあったんです明日が土曜日って事もあり夜は割りと賑わってました誰か声をかけてくるかな~って期待したんですがこんな殺気だってる女に関わりたくないのか移動中はスルーされてましたますますイライラしてきた私は持ってきた定期で学校近くの人気のないところに行ってやるって考えました。続きを読む



数十年昔の話だが、本当の話。
俺は漁師の町で産まれたんだが、そこは本当に田舎で漁業組合の組合長を網元、組合長は地元の漁師を網子って呼ぶような古い体質の田舎だった。
俺も家が漁師だったんで中学出て漁師になって船に乗るようになった。
冗談で漁師の町にはヤクザがいねえ。
何故なら漁師がヤクザだからだ。
なんて事を言う事があったけど昔の事だから学のある奴も少ないし、皆気が荒くて喧嘩早かった。
ちなみに今も昔も漁師の町でやっちゃいけないのは密漁なんだが、漁師のリンチってのはマジで凄い。
大の大人どころか40代50代の分別盛りの大人がマジで怒声を上げながら殴る蹴るのは本気で怖い。続きを読む



私、ほとんど露出初心者なんです。
NBNPしても、いざ見られそうになると怖くなって隠しちゃう・・・普段固い仕事をしているのもあり、どうしても露出狂だと他人に思われるのが怖いくて。
でも見られたい。
私の恥ずかしい姿を他人に見られたいという欲求が強まるばかりで。
そんな時に、ネットを見ていて思い付いたのが「混浴」という方法。
バスタオル巻き不可な温泉であれば、自然に全裸を見てもらえる・・・!!ガイドブックや混浴温泉の本を読みあさって、決めた行き先は〇木県の〇須。
ここは立ち寄り入浴ができる温泉が多い混浴天国で、住んでるとこからも行きやすい。
せっかく一泊二日で行くのだから、できるだけたくさんの人に裸を見てもらおうと心に決めました。続きを読む

このページのトップヘ