レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:眼鏡

ファンタジーの巻 (獣姦体験談) 50101回

2008/09/22 13:53┃登録者:痛(。・_・。)風◆mj/LN2hE┃作者:痛(。・_・。)風
「何する気だ!」 「助ける気だ!」 説明は後回しだ、時間がない。 喋ってる暇があれば手を動かせと優先順位を付け、ズボンを掴んで必死の抵抗を続けるロンと力比べをする。あくまで貞操を死守するロンに苛立ちをこらえてゴムが完全に伸びきるまでズボンを引っ張る。 限界まで引っ張たせいでゴムが弛んでトランクスが垣間見える。ロンの股間は濡れていた。さっきまで勃起していた股間も萎えてトランクスの中央に涎染みを残すのみだ。尿漏れに似た涎染みが目に飛び込んで恥辱が再燃したか、ロンの頬が鮮やかに上気して目が潤む。続きを読む

痴漢撃退 (M男体験談) 20493回

2008/10/20 18:53┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
朝の8時、満員の通学電車。みんなは嫌いっていうけど、私は好き。 ほら、今日も来た。身動きできないほど混んでるのに、よくスカート上げてパンツの中に手が入れられる、と感心しちゃう。 でも、私もそんなところでうまいこと肩を動かして、男の股間に手を持ってくるの。 それでチャックを下ろして、トランクスの前から手を突っ込むんだから、 やっぱり私の方が一枚上手かな?フフフ勃ってる勃ってる。 これがぷちゅっとしただけであっという間にしぼむんだから、男っておもしろいよね。続きを読む

通勤電車で組織的な痴漢計画を実行した体験談

香織が勤務するZ電機の本社は、香織の住む街からは電車で四十分ちょっとの距離にあった。
駅まで歩く時間を入れると約五十分ほどの通勤時間になる。
香織は軽めの朝食を終えると、明るめの赤いスーツに身を包み、髪を後で纏めて背中に垂らした。
赤のスーツはインナーとスカートが一体式でちょうどノースリーブのワンピースの様になっている。
スカートの丈はだいたい膝上十センチぐらいといったところだ。
香織は上着の前をちょうど臍のあたりについた大きめのボタンで留めた。
スーツの赤は香織の白い肌によく合い、その美しさとあいまってハッとするような鮮やかな印象を与える。
香織は鏡に向かいほんの少しだけ化粧をすると、黒いショルダーバッグを肩に掛け、いつも通り七時四十分に部屋を続きを読む

すごく恥ずかしい官能的な体験を告白します。

私は2年前に結婚した25歳の人妻です。
この話は、先日主人と映画を観に行った時のことです。

私の好きな海外の恋愛映画で、大きな話題にもなっていて、以前から楽しみに
していたんです。

久しぶりのふたりでの外出に、主人の好きなかなり短い大胆な白いフレアミニ
をはいて出かけました。
蒸し暑い日だったのでパンストははいていません。
平日のため、映画館は空席ばかりで、私たちは中央に並んで座りました。
ロビーに眼鏡をかけた温厚そうな紳士が座っていたのが、何となく意識の隅に
残っていました。

映画が始まってまもなく、主人は疲れていたのか眠ってしまいました。続きを読む



BLアニメ大好きの腐女子でして
コミケにも毎年行ってします

コミケ当日の電車の混雑といったら
ほんと異常な程混雑しています

この電車が脱線したら
私を含め、世の腐女子が
大分減るんだろうなーなんて
考えながら電車に揺られてコミケに行くんですが

どうやら腐女子を狙った
電車痴漢がいるようで
よく被害にあうんです

今年の夏も
コミケに行いきました。

関西に住む私は、
前日に関東の友人宅に泊めてもらい
当日は始発で会場に行くんです

友人は行かないみたいなので一人でした。

他のイベントでも人の多さは体験しましたが、
コミケは格が違いました。

着た電車はすでに満員寸前

始発駅に近い場所から乗ったのが救いか、
続きを読む

このページのトップヘ