レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:着替え

俺達に拉致られ車の中で縛られたまま犯された良子はもう抵抗することなくハダカでグッタリしていた。
その良子のハダカをカメラに撮りまくりながら写真がイヤならフェラをするよう命令した。
そんな経験がない良子はうつむいてイヤイヤと首を振り無言のままで何とか許してくれることを待っていたが、そんな良子にダチがイラつき、いきなり良子の髪を掴み強引に前へ引きずりだし床の上に座らせ「サッサとしねーか!帰りたいんだろ!」「写真返して欲しいんだろ」とダチは大声で脅しながら掴んだ髪を力任せに持ち上げさっき放出したばかりでまだ半勃ちのモノを良子の顔にペタペタと叩いて早く口を開けるように催促した。
良子は髪を引っ張られる痛みと恐怖で泣きながら目を閉じゆっくりと口を開けた。続きを読む

丁度今の季節くらいで、洋服も薄着になり出した季節。
自分ではそんなに露出しているつもりはなかった。
ある日の朝、乗り慣れない通勤時間の満員時間帯に電車に乗ることになった。
ホームに着くと、人があふれていた。
「これが通勤ラッシュか・・・この調子だと電車の中座れないな」そう思いながら、列に並んだ。
みんな無表情で電車をまっている。
「これからみんな仕事なんだ」そう思っていると、電車が来るアナウンスが流れた。
電車が入ってくると列が少し横にずれるように動く。
電車の扉が開いた。
我先にと降りてくる乗客が降りきる前にホームにいた人たちが乗り込む。
流れに飲まれながら、私も電車内へと・・・しかし、流れは止まらず、私は必死に閉まっている方の扉と席の間のつかまり棒の所に逃げた。続きを読む

夫の悪戯今年の夏、私はとても恥ずかしく興奮する出来事がありました。
私の夫は、ちょっと変わった性癖があるんです。
それは、私にエッチな格好をさせて出かけて喜んだり、外でエッチを求めて来ます。
私が拒むと、子供の様にイジけてしまい暫く口も聞いてくれなくなるんです。
その他は、とても優しく文句の付け様の無い人なので、私は夫の要求を呑んでしまいます。
8月初旬でしょうか、夫が新しくパソコンを購入(前のパソコンは5年位使用)して来たんです。
私は、全くの無知で、まぁネットで情報を見る程度でした。
夫 「仕事が忙しいから、パソコンの変更を業者に頼んだんだ!明日来るから、対応してね」私 「え~何すればいいの?」夫 「特に何もしなくていいよ!近くで見てれば良いんだ」私 「そうなの?じゃ大丈夫だね」そんな事で、私は特に気にする事も無く安心していました。続きを読む

私を見る目が普通ではない事になんとなく気付いていました。
ただ、まだ中学三年です。
同じ陸上部で息子の友達として訪れるようになったのはここ二ヶ月です。
家庭事情で転校して来た辰也君はどこかカゲのある子でした。
親は暴力団関係という噂もあります。
買い物に行く前に着替えたり化粧している最中に気配を感じて振り向くと辰也君がいる事が度々です。
「辰也君帰ったの?」「帰ったよ、お母さんの事37歳だけど若くて綺麗だと言ってたよ」 複雑な家庭事情でもあり母親の愛情に飢えてる子なのかしら。
その日も用事から帰ると来ていました。
何か嫌な予感が。
トイレから出ると辰也君が立っていました。
私はゾーとしてその場を離れました。続きを読む

を運転免許の合宿に行かせた。
は28才、ちょっと色っぽい近所でも評判の美人だ。
最初は近くの教習所に通って免許を取らせるつもりだったが、の運動神経の鈍さを考えると何ヶ月かかるかわからないので思い切って合宿に行かせることにした。
合宿免許なら、そう長い期間にならないだろうし費用も安く浮くだろうという読みだった。
4歳になる娘をの実家に預け、私自身も久々の独身気分を味わおうという魂胆もあった。
しかし、それは見事に裏目に出た。
合宿に行っている間はちゃんと毎日から電話が入った。
「ちゃんと食べてる?」「掃除とか洗濯は大丈夫?」「浮気とかしてないでしょうね?」なりに心配しているのであろうが、さらに一日おきに母親が家事を片づけに自宅にくる始末。続きを読む

このページのトップヘ