レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:着衣



彩美と申します。私は足立区に住む27才、結婚1年目の主婦です。

2年前、まだ独身だった頃の話です。

世田谷区に住む、ある企業の役員の方の御自宅に住み込みで、22才の時から家政婦をしていました。

その役員の男性と私は、家政婦になってすぐ不倫関係になりました。

その方を私は本気で愛してました。

役員男性の家庭は、奥様の他に小学6年生の長男、小学5年生の長女がいました。

長男をタケル君、長女をユウコちゃん(いずれも仮名)とします。

不倫は家族に知られる様子もないまま3年近く続きました。

そして私は妊娠。

不倫相手だった役員男性以外との性交渉は一切経験が無かった当時の私にとって、胎児の父親がその役員男性である事は明白でした。続きを読む



前編「明日を見つめて 8.対戦」************************************************まだ、高校を卒業したばかりの若い二人。
普通のカップルなら、少なくとも半年なり数年なりをかけて踏んでいくのであろう交際のプロセスを、たった4日間で経験してしまった。
麻雀が終了して、北島家の三人と浩平たち来客三人は、浩平と彩を肴にして暫く雑談していたが、9時半には内村と磯村の二人をタクシーで送り出した後、妙子は浩平の家に電話を入れた。
「遅くまで浩平さんをお引き留めして、申し訳ありません。 これから主人に送らせます。 主人は玄関先で失礼させて頂きますので、お気遣いなく」寿治も酒を飲んでいたため、自分の車で送ることをせず、浩平と一緒にタクシーの後部座席に乗り込んだ。続きを読む



311:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:34:13.55ID:q1smdRJP012月に転職したばかりなんですが、本日職場の方々を自宅に招待しているのです。
1か月経っても、なんとなく職場に溶け込めてなくて、思い切って上司や同僚を招待して軽く飲もうという企画を立てました。
今から緊張しています。
転職サロンの先輩方、何かアドバイスなどあればお教えくださいませ。
316:名無しさん@引く手あまた:2012/01/08(日)11:46:07.31ID:q1smdRJP0314確かに、そうなのですが実は今までは仕事が終わった後で思い切って飲みに誘ったこともあったのですが断られていまして本日、やっと誘いにのってもらったのですよ^^やっぱり職場の人間関係は大切なので、うまく仲良くなれたらいいなと312さんのおっしゃるように、飲み二ケーションで乗り切ろうと思っていま。続きを読む



高坂美和子は、今年38才になった。
会社員の夫と、中学生の息子二人の4人暮らしである。
決して生活が苦しいワケではないが、子供たちも手が離れ、増えた自由な時間を結婚するまで勤めていたバスガイドとして、パート勤務していた。
中、高校とバレー部で鍛えた身体に、年とともに脂肪がついて丸みを帯び、熟女して男を引き付けるフェロモンを、充分に発散させている事に当の本人は、まったく気づいていない。
特にバスガイドミニでタイトぎみのスカートに包まれた、下腹部から臀部、ふとももにかけてのラインは、「バックから突き刺して!」と自ら誘っている程の熟れ方である。
今日は久しぶりの一泊二日日の仕事がついた。続きを読む



帰りの電車は、すごく空いていた。
両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。
下車駅まで20分だった。
下車駅に到着するまで、途中で乗車する客も下車する客もほとんどおらず、ずっと空いたままの車内だった。
見渡すと、女性の乗客がいる。
席の真ん中あたりに座っている。
うつむいて目を閉じている様子だ。
こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、十分に厚着をした上着と、色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。
遠くから見ても灰色がかったジーンズの両が肉感的で、心行くまで見入りたい思いから、吸い込まれるように真横にこっそりと移動して、様子を見ることにした。続きを読む

このページのトップヘ