レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:着衣





初めて会ってから4年ほど経っただろうか。
その間に直子は、ますます熟れに熟れ、誰からも羨まれるような「いい女」になっていた。
美し過ぎる女はだいたい世間からは、特に女の世界からは疎んじられるものだが、どこを連れて歩こうが、すれ違いざまに誰彼からも振り返られるのは、変わらなかった。

彼女と私は、三度逢うとそのうちの一度は、お互いの性欲を隠さず、誰にも教えられないような限りのない痴態で、雄と雌、その双方の性器を摺り合わせ、彼女も私も「中に出す」ことを至上の喜びとしていた。
三十も半ばになると、女の性は完全に開花する。
「三十前の女が一番性欲が強く抱きごろだ!」そう言い切る輩も多いが私はそうは思わない。続きを読む

 輪姦体験談、サークルの美人先輩が卒業する直前に4人で輪姦した。高飛車な言動から、美人だけどかなり嫌われていて、取り巻きの男数人以外からはほとんど無視されてる(というか美人先輩の方が無視してる)感じの人だった。先輩がマンションのカギを部室に放置してった時があって、その時に合鍵を作った。

 バイブ電マやピンクローターを4人分持ち、夕方に忍び込んで待機。夜、帰ってきた先輩を着衣のままガムテープで拘束。ピアノ用の防音完備のマンションなんで、ちょっと叫んでも通報されないのが助かった。

 最初はおびえてたけど、相手が俺たちだと気付くと強気になって「こんなことしてただじゃ済まないよ」「今なら許してあげるから」とか相変わらずの高飛車の発言を連発。続きを読む

サークルの美人先輩を卒業する直前に4人で輪姦した

高飛車な言動から美人だけどかなり嫌われていて、取り巻きの男数人以外からはほとんど無視されてる(というか、先輩の方が無視してる)感じの人だった。

先輩がマンションのカギを部室に放置してった時があって、その時に合鍵を作った。

バイブ電マやピンクローターを人数分持ち、夕方に忍び込んで待機。

夜、帰ってきた先輩を着衣のままガムテープで拘束

ピアノを入れるぐらいの防音のあるマンションなんで、ちょっと叫んでも通報されないのが助かった。

最初はおびえてたけど、相手が俺たちだと気付くと強気になって「こんなことしてただじゃ済まないよ」「今なら許してあげるから」とか相変わらずの高飛車の発言を連発。続きを読む



勤めいているアパレルショップの
店長になったのは私が32歳の時

そして、お洒落なアラサー女子店長として
巷で私はちょっぴり有名になったんです

年下の男性社員やバイト君からも
憧れの対象の私

そんな私が年下のバイト君と
お店でHしちゃいました

あれは月末で締めやら何やらで忙しく
閉店時間を何時間も過ぎても
ずっと残業していた時

やっと一区切りが付き、
充実感と開放感で私は
気分がハイになっていたんです

20代前半のバイト君が

「店長、やっと終わりましたね」

と言ってきました

彼は、私に日頃から
好意を持っていると思われる行動を
取っていたのですが

私はさりげなく
気付かないフリをしていました
続きを読む



(千奈をベッドに押し倒し、弾みでぷるんと大胆に揺れる乳房を鷲掴みにし)
敏感なんだ?乳首、もう膨れてきてるよ?
(乳房をきゅうっと掴み、先端を強調させ乳首にフゥっと息を吹きかける)

んっ...今日はどうやっておっぱい虐めて欲しいの?
(ふんわりとした柔肌に軽くキスを落とし、赤い舌先を出すと先端に触れるか触れないかの位置でチロチロと動かす)

...うわっ
(すでに裸でベッドに押し倒されると、体はバウンドしそこを抑えるように孝幸が覆いかぶさって)

んっ...!く...なんでだろう?時々そうゆう日がある...
んあ......(白い乳房が孝幸の手のひらで捕まれるとこんもりと盛り上がり)
ううう......(先端に温かい息がかかり、そこはこりこりと固まっていく)
続きを読む

このページのトップヘ