レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:着衣

31 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2010/07/21(火) 18:55:12 ID:CKsrkOPU0俺が中学のときだから昔の話になるけど、クラスの仲間と先輩たち六人でかなりヤバイ事をしたことがある。
 当時の俺といえば、年上の人達と付き合いがあったせいか知識だけが豊富になっていて、 頭の中がいつも女のことでいっぱいになっていた。
   あの時も、いつものように封鎖された工場に忍び込んで煙草を吸ったりエロ本を見たりしながら、 「昨日、S美の生パン見た」とか、「テニス部のM奈とヤリてぇ」とか言って盛り上がっていた。
 この辺りには丘陵地沿に造られた工業団地が在り、 それに伴う社宅や小学校が緑地として残された雑木林の中に点在していた。続きを読む



とある西洋の城下町。
ここにはある風習があり、賑わっている店の軒先には、よく奴隷少年が全裸で吊るされていた。
いわゆる商売のお守りのようなものなのだが、隠語として宝石にたとえられることもある睾丸は金運を招くとされており、陰嚢を模した飾りを吊るすようになったのだという。
しかし、やがて国が富み奴隷文化がさかんになると、裕福な店は労働力として未熟な、比較的安価な少年奴隷を購入して、本物を吊るすのが流行した。
とある酒場ここは大通り沿いのとある酒場。
店の奥から、面倒そうに重い台車を押してくるのは、この店の看板娘だ。
昨夜転んだはずみに、女戦士にワインをぶっかけてしまい、危なく八つ裂きにされるところだったが、マスターの機転で軒先に吊るしていた縁起物の少年の金玉をバーベキューにして提供して店とともに事なきを得たのだった。-----続きを読む








 「ぶちゅっ、れろれろっ、ブボブボブボブボっ!っはぁ、倉田様、おちんぽ気持ちいいれすか?あへぇ・・・べろべろべろべろ・・・」
 誰もいない深夜のオフィスに、艶めいた淫音が響いていた。倉田と呼ばれた眼光の鋭い男は、自分のそそりたった肉棒をデスクの下に隠れてしゃぶっている瞳というOLを見下ろしながら、心中別の女のことを考えていた。倉田がどんな手を使っても誘いに応じてこない、同じ課の加納という女のことだった。
 「あはぁ・・・すっごい大きい・・・!ブポッ!クポっ!くちゅくちゅくちゅくちゅくちゅ・・・瞳のお口、おチンポ便所に使ってえ・・・倉田様のおちんぽだったら、いつでも瞳のお口は営業中なんですからあ・・・ブポッ!あはぁん・・・ザーメン出してよぉ・・・」続きを読む








この夏、オレはどうしようもなく落ち込んだ。
そしてそれ以上に落ち込んだ彼女の真由とは一ヶ月近く連絡が取れなかった。
真由と出合ったのはオレが31歳の春だった。
友人の経営するレストランバーでバイトをする20歳の大学生に一目惚れした。
年は一回り近く離れていたがオレは猛アタックをした。
見た目は並程度、自慢できるのは並外れた体格と体力ぐらいのごく普通のサラリーマンのオレの熱意に負けたのか付き合うことになった。
真由は背が高く色白で優しい顔立ちの娘だ。
小学生の頃から高校まで続けていたバレーボールのお陰か少し広めの肩幅と引き締まった筋肉質の身体、そして腕の長い娘だ。
続きを読む


W不倫の彼はいつもやさしく抱いてくれる。

「イクッ」 「中に 中に出して」

彼は男根を脈動させながらドックンドックンドクッドクッと温かな精液を私の中奥深くに

注ぎこみながら耳元でいつも

「○代 愛してるっ」とささやく。

私も「嬉しい イクッ」と彼を放さないようにしがみつく。

歓喜の最高の絶頂を味わうひとときです。触られるだけで鳥肌が立つようになった家庭内別居中の主人に離婚を伝えると激しい

DVが始まり、子供を連れ実家に戻りました。

実家近くにアパートを借り仕事を探しながら彼に「逢いたい」とメールしたら来てくれた。

ファミレスで楽しい会話と美味しい食事を楽しみそしていつものように・・・続きを読む

このページのトップヘ