レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:睡姦



東京でオリンピックが開催される直前の夏休みの事だった。
都会ではオリンピック特需とかの影響で、老若男女が盛り上がりを見せていた頃、私の住んでいた地域はライフラインは電気だけで、どこの家庭にもテレビすらなく、戦前を引き摺ったままの田園風景だけが財産だった。
私は中学に上がったばかりで、未だ大人の営みどろこかオナニーさえ未経験で、夢精は経験していたが、毛も生えていなかった様に記憶する。
その頃2歳年上のガキ大将の先輩が居て、地域の中学生の7人しか居なかった男子を全員召集した。
その頃のガキ大将は腕力だけの暴れん坊ではなく、喧嘩も強いが知性的で難しい事を良く知っていて、小さな子供たちまでも面倒見ていた頼もしい存在だった。続きを読む



友達にはよく「変態だな」と言われる俺の性癖。
それは、女が無我夢中にエロくなってる姿が大好き、というもの。
そんなもん普通だろ?って思うんだけど、あまり周りには理解されないwそんな俺が昔からハマってる行為がある。
それは「爆睡してる彼女にこっそり入れる事」チャレンジした事のある人なら分かると思うが、案外これが難しい。
だいたいの女は、入れる前か入れた直後に目を覚ます。
目を覚ましちゃ意味が無いと俺は思ってるから、色々と考えたわけだ。
そんな時思い付いたのが「寝不足+酒」というポイント。
1番萌えたのは、大学の時付き合ってた彼女
結構美人だったけど、俺以外に1人しか付き合った事が無いって言ってた。続きを読む



学生時代からテニスをやっている俺は
社会人になっても
テニスサークルに入っていました

それで出張先でも
参加自由のテニスサークルがあると
俺はそこに行ってテニスをしていました

こんな風に色んな社会人向けの
テニスサークルに参加していると
色んな人と自然と出会う機会が多いんです

この前、仲良くなったのは
三十路可愛い熟女の里香で
旦那さんは単身赴任したらしく

子供がいない為か
仲良くなると俺に

「最近、寂しいんだ」

ともらし甘えてきた

俺は可愛い人妻熟女
Hするチャンスとばかりに

毎日のように夜になると
電話で悩み事を聞いてやり
里香の信頼を得るようになった

里香の家にも
続きを読む



JKの睡姦レイプしてしまった

私はシスコンでの為なら
死ぬるぐらい愛しちゃっている

LOVEな兄なんです

当時、高校生
とある公立高校に通っていた

さて、私の家は昔1階建てで
4部屋しかなかった

その為、私は
一緒の部屋で生活し
布団は別々だが
同じ部屋で寝ていた

今思えば、それが私のへの
執着の始まりだったのかもしれない

その夜は体が疼き、火照り
何か切ない感じに襲われた兄の私は

布団の中で服を脱ぎ
四つん這いになって
体を布団にこすりつけた

そうすると何となく
気持ちが良くなってくる

床オナに似た感覚だろうが

それを12、3分ほど繰り返しただろうか
続きを読む



職場に腐女子OLがいて
そのOLはアニオタ女子なんだが
可愛らしい顔をしている

里依紗という名前なんだが
こいつの彼氏はBといい
職場の同僚

職場の飲み会で、
泥酔した腐女子OLの里依紗を
お持ち帰りして、ファックしてしまった

俺も酔った勢いで
チンコをマンコじゃなくアナル挿入して
勝手にアナルファックしてしまった

それ以来、腐女子OLとはセフレになり
頻繁にアナルセックスをしている

マンコに入れさせないのと
キスをさせないことで
Bへの愛情表現をしている感の里依紗

どうしてもやりたい事があった

二穴同時セックスだ!

里依紗はウンとは言わないので
Bとの3Pの計画を立てた
続きを読む

このページのトップヘ