レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:立ちバック



私が通ってた高校はごく普通の共学だったんですが、2年の春に化学の教師が転勤してきました。
26歳で、顔はB’zの稲葉さん系のめっちゃカッコいい男教師w当然皆大騒ぎでしたが、わりと彼氏のいる子も多かったんで、本気で狙うとか、そういう事を考える子はうちのクラスに限っては私くらいでした。
その頃私は彼氏がどうこうより部活に夢中でしたし、先生が来るまでは本当に異性に興味がありませんでした。
同年代の男子を幼く感じていた私は、あっというまに先生に夢中になりました。
最後に男の人と付き合ったのは中3だったので、初体験も済ませていたとはいえどう迫ったら良いか分かりませんでした。
そのうち化学の授業中、基本的に文系の私がとんちんかんな回答をしてクラス中の爆笑と先生の苦笑を買い、先生に名前を覚えてもらうことが出来ました。続きを読む



高校生の時、部活に入ってなくて、でも何か体を動かしたなーとおもっててやり始めたのが早朝ジョギング。
朝から1時間ぐらいのジョギングして、高2の時から朝5時に起きて走ってた。
今考えると元気だったなーって思うおっさんになった今じゃそんな事する気にならないよまぁそれで住んでいた所が田舎だったので河川敷へ行きからの田んぼを迂回するコースがお決まりのルートある日、早起きしちゃって4時半頃から走ってました。

だから田んぼを周っていたのは5時ぐらい。
農家が数軒ポツンポツンとある閑散とした田舎で、1つの家がまた大きいんです。
その中の1つの家の横を通りかかった時、「あぁん」みたいな声が聞こえてきました。続きを読む



私は41歳の専業主婦で、とってもHな事が好きな痴女なんです。
学生時代からエロい事や、SEX、そしてオナニーはもちろんのこと特に露出が大好きで実は今でもこっそりやってます。
旦那と子供が出かけたら、朝から夕方まで、私の変態露出タイムです。

家の中も外も関係なくやってます。
夏場は、マンションのベランダで洗濯を干すときは、いつも肩ストラップのシルクのタンクトップ一枚と、ピチピチの、薄いホットパンツ
もちろん、ノーブラノーパンです。

あまり、近所付き合いのないところなので大胆に、そのままわざと、ゴミをだしに行きます。
もちろん、生足にミュール。
これが、私のお気に入りのスタイルです。
続きを読む



俺はハウスクリーニングの仕事を経営している。
不景気のなか、大変だが、おいしいこともたくさんある。
先週からパートに来た人妻がいた。
やたらと胸が大きい35歳のおいしそうな女だった。
彼女をマンションで犯してやったのだ。
うちの制服は首もとの大きく開いたTシャツで、下はキュロットを履かせている。
俺は彼女と2人でマンションの掃除に出かけた。
その人妻は35歳の物静かな女だった。
胸が大きいから、制服を着させると、胸の谷間がくっきりと見えた。
彼女の前に行き、首元を覗き込むと、大きく垂れ下がった胸の谷間がくっきりと見えるのだ。
お尻も大きく、パンツラインクッキリで見ているだけで挿入したくなる。続きを読む



昨日と今日あったおいしい出来事。
その前に俺のスペック。
22歳、内定なしの学生

顔:それなり。
身長:180cmちょい。
趣味:ゲーム・漫画の典型的なオタク。

友達と飯の後、某ボーリング場のゲーセンでブラブラしていたら、ものすごい爆乳を発見。
栗色のショートボブで身長は160cm無いくらい、白のカーディガンに黒いシャツ。
胸がこれでもかというくらい盛り上がっていて、ゆっさゆっさ揺れてた。

男2人と楽しそうにリズムゲーをやっている爆乳に目が釘付けになり、友達をレースゲームゾーンに置いてそのグループを遠くから見てた。
てかムラムラのスイッチ入った。
タイミングよくその爆乳が一人トイレ方向へ。続きを読む

このページのトップヘ