レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:童貞

結婚前の

 と出会ってからもう20年近い歳月が過ぎた。
 S大学の某学部の同期で、一浪した私より1歳年下ではあったが、出会いの時から私はが好きで、オナペットにしていたほどだった。

 私とそして私の予備校からの友達HとIの4人は、そろって同じサークルに所属した。男3人に女1人の友達関係が、恋愛関係になるのに時間はさほどかからなかった。
 Iとが付き合いだしたとHから聞いたときは、正直ショックのあまりアパートに帰って泣いたほどだった。

 Iは口も達者な奴で、女に好かれるつぼをよく心得た奴だったので、を取られそうな気は早くからしていたのだが、それが現実のものとなるとやはり辛いものがあった。続きを読む



 数年前子供ができるまで長距離トラックの運転手をしていた私のは本当にHが好きで帰ってくると
必ずと言っていいほど毎度しました。
そんなある日、夜中に突然携帯に電話がかかってきました。
何事かと思い、見てみるとからでした。電話に出ると電話の向こう側から
「あ?ん、あなたぁ?ご、ごめんなさぁん・・・・いんぅ」
どこか猫なで声だけど、確かにの声が聞こえました。
「どうした!なにがあったんだ!」
私が懸命に聞いても「あ?ん」だととか「もう、だめ?」と言う声しか聞こえません。
一旦電話の向こうが静かになったかと思うと、聞いたことがない男の声が聞こえてきました。
「どうもすいません。旦那さんですか?」
続きを読む




 (?より 承前)ビデオが始まると今度は 大急ぎで体位の変更です。同じ向きでビデオを見るには 今の対向位から後側位にならなければなりません。女房を下に寝かし 一度その右足を外して松葉に組み、もう一度左足を交して 私がその左に横になり、私の左手に女房の首を乗せれば 後側位です。

私は松葉が好きなので 松葉に組んだときに、チョット深く差し込んで グイグイと腰を使ったりします。ビデオは 女子中学生母親が、娘の家庭教師大学生を 誘惑するストーリーです。勉強が終わって娘が外出すると 母親大学生にケーキとお茶を出します。すり寄って相手の手を自分の乳房に導き 唇を寄せると濃厚なキスをしながらズボの上からペニスを揉み立て、シッカリ勃ったのを確かめると ズボンを脱がせに掛かります。続きを読む



学校6年の時です。通っていた小学校は、田舎にある1学年1クラスでした。
私は、運動音痴で内気な女子でした。

ある日の昼休み、図書館に向かってると、小学校5年の男子二人に羽交い絞めにされて、家庭科室に連れ込まれました。
そこで押し倒されて、スカートをめくられ、短パンと下着を脱がされ、下半身を露出されました。
股を開かされました。
「これがまんこか」と言い、私の性器や肛門を触りました。

チャイムが鳴ると、「今のことは誰にもいうな」と言い、男子二人は出て行きました。
内気な私なら黙っていると思ったのでしょう。私は黙ってました。
それから2回ほど同じことをされ、小学校を卒業しました。


学校2年の時、あの二人が中学に入学してきました。続きを読む



相互観賞からSW、刺激的なSEXを経験した祥子と私は、更なる刺激を求め始めました。

基本的にMの祥子なのですが、M男とのプレーにも興味を持ち、グループSEXで中のよくなった男性達との乱交、その為のアナル拡張も始めました。

女王様スタイルでM男を弄る祥子の顔付きはS女王そのもの。
ペニスバンドを着け男性を後ろから犯しながら、自分はアナルを犯される・・・。

アナルでイク事も出来る様になりました。

”一度やってみたかったの・・・”

祥子は3人の男性相手に、仰向けになった男性に跨り挿入、もう一人の男性にはアナルを犯してもらい、さらにもう一人には口へ・・・。

男性三人から同時に犯され、不自由な口からはダラダラ涎を垂れ流し、”ヒグッ、ヒグッ、オジリドオバンコヒグッう~!”と絶叫アクメする続きを読む

このページのトップヘ