レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:縛り



その日、私はクラスの子と一緒に夏休みの計画を相談をすることになっていて、一度家に帰ってから同じ団地に住むTちゃんの家にいくことになってた。
学校からの帰り道、急に大粒の雨が降り出して、慌てて走って帰ったんだけど家に着くころにはびしょ濡れに。
午後3時頃家に着いたんだけど、階段を上がるときに30代くらいの男の人とすれ違った。
Yシャツが張り付いて下着が透けてるので恥ずかしかったから、足早に階段を上がると男の人は下から私を見上げてた。
家に着いて私服に着替えようとする間もなくチャイムが鳴ったけれど、格好が格好なだけに無視して部屋に行こうとしていたら玄関が開く音がしたので仕方なく見に行くとさっき階段ですれ違った人が立っていて、「訪問の約束をしている○○工務店ですけど、家の間取りを見せてもらうことになっています」と言った。続きを読む



俺の名前はマスオ。
の実家に婿入りしたため、毎日肩身の狭い思いをし続けている。
不細工な上に変な髪型のと、歩くと異音のする息子。
さらにはの両親+小学生の弟・
居心地の悪さはこの上ない。
とのセックスもマンネリ。
マグロのくせに貧乳
フェラも下手
マンコも毛がボウボウで、しかも何だか磯臭い
忍耐力には自信がある俺だが、そろそろ限界。
そんな俺にはある悪企みがある。
の従弟であるノリスケの奥さんをレイプする事だ。
奥さんの鯛子さんはかなりの美人であり、しかも品がある。
下品でいつもギャーギャー言っているとは正反対。
子供が一人いるとは思えない位のスタイル。続きを読む



学校一の美女を犯った。
名前は真希(仮名)、名前のとおり後藤真希に似ている最高の女だった。
他の学校にも噂が行く程でよく他校の生徒も見に来ていた。
当然真希に告白する男も多かったが、真希をいとめた男は誰もいなかった。
俺は見た目も悪くもちろん真希に相手をしてもらえるはずもなかった。
そんな俺はいつも真希をおかずにしてた。
でもとあるネットで睡眠薬購入の存在を知った。
俺の頭の中はすでに真希を犯していた。
しかし、俺は臆病だったのでバレた後の事ばかりを考えていた。
そして俺は入念に策を練った。
そして、真希の習慣に気付いた。
真希は週末は必ず一人で教室に残り何かをしていた。続きを読む



数年前便利屋と言うかなんでも屋をしてた時の話。
先輩と2人で小さい事務所で毎日少ない仕事をしていてでも売り上げがなくもうやめようとしてた時1本の電話が。
それは女をレイプしてほしいとの事。
報酬は30万で依頼者(A)の前でレイプしてほしいらしい。
息詰まってたので事務所に招き話を聞くことに。
聞くとターゲットは17歳の女子高生で真美と言う女の子で趣味がコスプレらしく依頼者は色々な写真を並べ熱弁した。
話をとめ実行するには場所や行動パターン、身元調査と下調べが必要と言うとAはカバンから用紙を出し自分なりの計画書や住所から家族構成、行動パターンなど調べ上げたものを見せた。続きを読む



8月9日火曜日叔痴漢触ろうとまでは考えてなかった。
叔父の家にはガラクタが多かった。
花瓶やツボだから骨董品かな?叔父の趣味もあれば、叔のコレクションもあった。
廊下には、たくさんそれらが飾ってあります。
そのため廊下は非常に狭くなっていた。
邪魔だった。
はいつも、そんなこぜまい廊下で、暇さえあれば、花瓶的なそれらをきれいに磨いたり、鑑賞したりすることが多かった。
その日叔は、いつものように花瓶的なそれを一生懸命磨いていた。
自分も何気に叔の側にいき、そのコレクションとやらをボーッと見ていた。
もちろんエロな気持ちは全くなしでです。続きを読む

このページのトップヘ