レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:羞恥

寝取られた長距離恋愛彼女

彼女の部屋での件から1ヵ月後、高司さんに呼び出されて2人で会いました。
「あれから咲子とは会ったか?」
「いえ、会ってないです」
「そうか、これ見てみるか」
高司さんは小さいノートパソコンを開いて、動画ファイルを再生しました。
ドキッとしました・・・そこには下半身丸出しでオナニーをしている彼女が映っていました。
「おまえの知らない姿だな」
ズボンの中ですぐに勃起してしまいました。いつもの彼女からは想像できないスケベな指使いでアソコを弄っていました。




「何度かおまえには言わず連絡とっててな、カメラの前でオナニーするよう言ったんだよ」
自分の知らない所で彼女は高司さんの言うことを聞いていました。続きを読む



もう話しても時候だろう、今から十数年前、昭和末期に撮影されたVHSビデオテープに残されていた、親に売られた美少女が養女としてある男の子孫を残すドキュメンタリー映像の話をしたい。
とある田舎町の名士の家に、中学を卒業したばかりの超絶美少女が両親に連れられてやってきた。
場面はそこから始まり、両親は可愛い美少女を置いて、引き換えに分厚い紙袋を携えて屋敷を後にした。

少女はすぐさま裸にされ、浴室でまだ未成熟な体を隅々まで洗われた。
怯えた表情の少女には、30代半ばの男のより優しいクンニが施され、性の快楽を教え込んでいった。
数日後、怯えた顔から官能の顔になってきた頃、少女の幼穴に男根が突き刺さり、
続きを読む



結衣さん(20代)からの投稿
-
私が高校一年の時の体験です。
ようやく学校生活も慣れてきた頃友達も沢山増えて楽しい学園生活を過ごしていました。
それでも慣れない事がありそれは痴漢でした。
私は、毎日電車通学だったので決まって痴漢に遭います。
乗る所や時間を変えても必ず痴漢に遭ってしまい、電車を降りて違う車両に移動するけどそこでも痴漢に遭うんです。
お尻を動かしたりして抵抗をするけど、それでもお尻を触ったり撫でられたりされました。
その頃は自分を可愛らしく見せようと、スカートの丈を短くしていたのも原因だと思うけど、それでも同じ路線を使っている友達の中には痴漢に遭わない子もいました。
学校に行くにはその路線を使うしかなく、毎日のように痴漢に遭い続けながら必死に抵抗をして少しでも痴漢から逃れ続きを読む



Yahooメッセンジャーで知り合った人妻ぽちゃさんがいました。
複数の男性にWEBカメラでオナニーを見せてくれたり。
結構のりがいいぽちゃさんでしたがご主人とはすっかりレス。

免許を持っていないし狭い土地で地元だと顔見知りに会いやすくてとても浮気なんて出来ないといつもこぼしていました。
そしてあるとき、いつものようにメッセで話しているとご主人と東京に来る事になったらしく、僕という知りあいもいる事だしどうにかして、エッチな体験をしてみたいという話でした。
でもこちらに来るとは言ってもご主人と一緒ですから無理かなと本人も諦め気味だったのですが、話を聞いてみると2泊するホテルも決まっているということだったので考えた末ある提案をしてみました。続きを読む



私は高○2年生の○7歳。
いつも通学のために都内の○○線に乗り換えなしで満員電車に約40分ほど揺られている。
たまに通勤ラッシュと重なって身動きができなくなることもあるくらいに満員なのだ。
今日も学校へ向かうためすし詰め状態の電車に乗る。
乗った車両がサラリーマンばっかり・・・。
胸が大きい方なので男性の前立つと押し当ててしまうのであまり男性のそばには立ちたくなかった。
「あっ、」
お尻を撫でている感触がする。
これだけ混んでいると痴漢も多いがお尻を触って満足して手を引くから今回も相手が飽きるまでじっとして耐えた。
「え!?」
なんと、痴漢の手が一瞬離れたと思ったらスカートをめくってクロッチ部分へと伸びてきた。続きを読む

このページのトップヘ