レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:義母



 私が中1の時に父は離婚して中3の時に再婚しました。
相手もバツ1で息が合ったらしく出会って1ヶ月で再婚しました。
それから2年ほどは、平穏無事な毎日を送ってきました。
ある日、友達から借りたDVDをベッドの下に隠して出かけに行って、帰ってきたときに机の上にあったのを見たときは心臓から飛び出るくらいびっくりしました。
見つかったDVDというのがまた若妻ものだなんて、本当に運が悪かったとしか言えなかった。
 その夜、みんな寝静まった頃、借りたDVDを見ようとすると、部屋の扉をノックする音が聞こえてきました。
不振に思い扉を開けると、スケスケ下着を着けた30代独特のムッチリとした肌とシットリとした唇が目の前にありました。続きを読む

最近は、中高生の男子生徒が中高生の女子生徒に痴漢をした等の事件が起こり、現に逮捕に至るまでになっている。
中学生だった頃、同じ学校の女子生徒に痴漢をしたくなる要因はなかったものの、お気に入りの女の子と正常位で性交渉をするシチュエーションを想像力たくましく妄想しながら覚えたてのオナニーをする日々だった。
そのような妄想だけでかつてないほど「竿の部分」が硬くなり、テクニシャンのように手淫で刺激し続けてカウパー液も徐々に出てきて、無性にその女の子の子宮なかに放出したいという欲情がマックスになった。
でもこれらはすべて妄想の中のことなので、現には、依然として痴漢事件等の事件を起こすことはなかった。続きを読む

仕事が終わり帰宅途中の時でした。最寄り駅について自宅まであと少しの時に悪夢がおきました。時間は夜の8時頃、その場所は駅から歩いてくる人もいなくなり、高い塀と公園の木が道路に覆いかぶさっている昼間でも薄暗い道路です。以前から引ったくりや痴漢が発生している危険な場所でした。でも駅からの近道である事と小さい時からよく使っていた道路であった事、そして私に限っては何も起こらないだろうという先入観があり毎日通っていました。そして悪夢の起きた日もその道を通って家路に向かっていた時です。私が歩いていて前を見ると木に隠れるように一台の白い車が止まっているのが見えました。私の会社で使っているのと同じような四角ワン続きを読む



の実家は自分達のマンションの隣の市で義母義父の3人暮らし。
30分くらいで行き来できるので色々世話になってる。
今年に入ってからに2人目の子供の妊娠が分かった。
先月の初めに無事出産した。
でも産まれる直前の1ヶ月は少し体調を崩して入院することになった。
急な体調の変化を警戒しての入院だったんであまり心配はなかったけど。
ただ、問題は家の事。
俺は家事は苦手な上、まだ小さい上の子の世話がある。
正直、参った。
の入院から3日で降参。
俺の実家は少し遠いから結果、の実家に頼る事になった。
申し訳ないと思いつつも義母に家に通ってもらう事になった。
「男手だけじゃ不安だし、病院に行くついでだから心配しないで」義母の言葉に甘える事にした。続きを読む

 実はこの前、ものすごく怖いことがあったの。お義母さんが病院にいってしまって一人だったのね。私も近所のスーパーに買い物に行ったんだけど、帰ってきたら、なぜか玄関の鍵が開いてたのね。おかしいな、っておもいながら中に入ったら、中学生ぐらいの茶色い頭の男の子が二人、タンス漁ってたの。手に、私の下着いっぱいもって。下着泥棒だったのね。
 私、すごく怖くて硬直しちゃって、持ってたスーパーの袋、落としたの。男の子たちが、びくってこっちのほうみた。すごい怖い形相で、一人の子は手にナイフもってた。その子が、にやってして、私の方にきたの。わたし、足腰ががくがくしちゃって、逃げたいんだけど体が動かなかったの。

続きを読む

このページのトップヘ