レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:職場



でも、『それで気済むならそうしてください』と書きました。
とにかく僕もビビっていましたので、穏便に済ませたいので、奈々の言う通りにしました。
そして住所がバレると困るので、車で待ち合わせをして目隠しをして来てもらう事で合意してもらいました。
そして翌週末、変装をして奈々を駅で待っていました。
奈々の意図がよく分らないまま当日になりました。
僕は車で駅まで迎えに行きましたが、覆面をするわけにはいかないので、帽子とサングラスにマスクで、かなり怪しい格好で行きました。
そして奈々と携帯で連絡を取り合い、車に乗せました。
まだ残暑が残る季節でしたが、奈々の格好がこの前とは全然違いました!この前は暑いのにも関わらず、カーディガンにジーパンでしたが、今日はチューブトップにミニスカートで、かなりのエロい格好です。続きを読む



福岡在住の大学生です。
21歳、雅也と言います。
地元は田舎ですが、両親と離れ都会の1人暮しに憧れていたので地元から近い福岡を選びました。
1年の時にバイトもせず、真面目に頑張り1年で単位60取りました。
卒業までに124なので残りの3年で64とかなり楽になりました。
2年の時に30取り、残りの単位が34となり余裕もできたので、バイトでもと思ってる時にサークルの友達が、俺のバイト先のカラオケBOXどう?と誘われました。
友達がやってるバイト先は24時間営業で9時~17時、17時~深夜1時、深夜1時~9時のシフトが昼、夜、深夜の3つに分かれています。
友達は夜入ってました。
昼1人募集してるとのこと。続きを読む



26歳の人妻です。
なつみといいます。
私の身に今起きていることを誰かに話したくて、でもとても他人には話せないんです。
その胸の支えを少しでも降ろしたくて・・・。
私が結婚したのは、5年前。
21歳の時です。
高校を卒業して就職した会社で知り合った主人と1年後に結婚。
今に至ります。
事の起こりは2年前。
主人が体調を崩して病院へ行った時から始まりました。
医師の診断は、とても難しい病気(病名は明かせませんが)で、長期の入院が必要、とのことでした。
直ぐに入院したことで病状は落ち着きましたが、生活は大変でした。
高額な入院費用が掛かる上に主人の収入が途絶えていました。
とても私のパートの給料ではやっていけません。続きを読む



職場の同僚達はノリが良い奴が多いので、飲み会になると毎回凄い盛り上がりどんちゃん騒ぎになる。
それで、ある時20歳の後輩が呂律がまわらないぐらい酔いつぶれた。
後輩はこりゃ一人じゃ帰れないとに電話して、「悪いけど迎えにきて」ってお願いをしてた私は、以前この後輩のを初めてみた時から、気になってしょうがなかった。

正直、電話をしている時には、あの人妻が来るんだと思うと、ドキドキして酔いが覚めるほどでした。
後輩の携帯に「着いたよ」と連絡が入り、「そろそろ帰ります」と言うと、悪酔いした同僚や先輩達に、「もう一杯いってから」とか、後輩夫婦の馴れ初め時の話をしろなど、なかなか帰らせてもらえないようでした。続きを読む



21歳の時です。
高校を卒業して就職した会社で知り合った主人と1年後に結婚、今に至ります。
事の始まりは2年前。

主人が体調を崩して病院へ行った時から始まりました。
医師の診断は、とても難しい病気(病名は明かせませんが)で、『長期の入院が必要』とのことでした。
直ぐに入院したことで病状は落ち着きましたが、生活は大変でした。

高額な入院費用がかかる上に、主人の収入が途絶えていました。
とても私のパートの給料ではやっていけません。
しかも、主人にはある程度の介護が必要なので、どうしても仕事を休みがちになります。

結局、その職場は辞めざるを得なくなり、私の独身時代の貯金で何とか繋いでいましたが、いずれ破綻することは目に見えていました。続きを読む

このページのトップヘ