レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:背徳



父が不在の日になると、なぜかの様子が変わってしまう。
は朝からそわそわとして落ち着きがなくなるのだ。
化粧もいつもより入念だし、服装も、父を送り出してから再び着替える事が多くなった。
父が居る時は楽そうなワンピースなどを着ているけど、着替えは、必ずといっていいくらいに、身体のラインがくっきりと目立つ服装になる。
そんな日のは、朝に付けたばかりの下着すら穿き代えているらしく、顔を洗ったついでに覗く洗濯機の中には、父が出かけた後に限って、まだ洗い立てのような下着が放り込んであるのだった。
父を送り出した後に、と、住み込み店員で夜学生のSさんと、小学生になっていた私は居間で遅めの朝食を取った。続きを読む

こんな日にアレなんですが、思い出した目撃談書いてみます。
あれはアオカンだったのかもしかしたらレイプだったのかも知れませんが真相不明です。
去年の初夏頃でした。
夜中に冷蔵庫の水のペットボトルが空になった私はマンションから数分のコンビニに行くことにしました。
ダラダラとコンビニで立ち読みしたり新発売のおやつをチェックしてコンビニをでました。
コンビニの周り=私のマンションの周りは雑居ビルが多く夜中は人通りがありません。
数メートル歩くと何やら犬の鳴き声のようなけたたましい声がしました。
あなたに愛されたくて。
かすみ果穂たまにノラ猫はでますが犬は珍しい…どこかな?と鳴き声の出どころを探し回りました。続きを読む



中1の時に父は離婚そして、中3の時に再婚し継が出来ました継もバツ1で息が合ったらしく出会って1ヶ月で再婚しました。
それから2年ほどは、平穏無事な毎日を送ってきました。
ある日、友達から借りたアダルトDVDをベッドの下に隠して出かけに行って帰ってきたときに机の上にあったのを見たときは心臓から飛び出るくらいびっくりしました。

見つかったアダルトDVDというのがまた若妻ものだなんて、本当に運が悪かったとしか言えなかった。
その夜、みんな寝静まった頃、借りたDVDを見ようとすると、部屋の扉をノックする音が聞こえてきました。
不振に思い扉を開けると、スケスケのベビードールを着けた30代独特のムッチリとした肌とシットリとした唇が目の前にありました。続きを読む



私は息子に犯されました。
夫が出掛けて留守にしている夜に、犯されたのです。
その運命は、突然にやってきました。
眠っている私の上に、息子がいたのです。
息子の手は、すでに私の股を汚している最中でした。
とっさに、その手を払いどけましたが、本当に汚されるのはこれからでした。
私にとって体を守るための戦いが始まったのです。
この時、もう私は息子に犯されてしまうだろうと感じていました。
息子との力の差は、圧倒的だったからです。
息子は19才でしたが、その体はたくましいものでした。
私も、まだ43才で力は残っているつもりでしたが、全然かないません。
圧倒的な力差と恐怖で、抵抗を止めたくなりながら、私は耐えました。続きを読む



その時も、私は見ず知らずの男と一時の情事を楽しんでいました。
帰り際、傘を差してホテルから出てきた私は、一瞬息が止まってしまいました。
なんとそこには、いつも回覧板を廻しているお隣の大学生

偶然にも出会ってしまったのです。
情事を楽しんだ男は、すぐにどこかにいなくなっていました。
私と大学生の彼はどちらから誘うでもなく、近くの喫茶店に入りコーヒーを注文しました。

彼は「何も言いませんよ」と言ってくれました。
その後は少し世間話などして帰りました。
けれども、だんだん不安になってきた私は、口止め料のつもりで、『ありがとう』のメッセージと共に新品の時計を彼の家のポストに入れておきました。続きを読む

このページのトップヘ