レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:脚

私が高校一年の時の体験です。

ようやく学校生活も慣れてきた頃
友達も沢山増えて楽しい学園生活を過ごしていました。

それでも慣れない事がありそれは痴漢でした。
 
 
私は、毎日電車通学だったので決まって痴漢に会い
乗る所を替えたり時間を替えても必ず痴漢に会ってしまい

痴漢に会っても電車を降りて違う車両に移動するけど
其処でも痴漢に会うのでおを動かしたりして抵抗をするけど
それでもおを触ったり撫でられたりされました。

その頃は自分を可愛らしく見せようと
スカートの丈を短くしていたのも原因だと思うけど
それでも同じ路線を使っている友達の中には痴漢に会わない子もいました。

学校に行くにはその路線を使うしかなく
毎日のように痴漢に会い続けながら必死に抵抗をして

続きを読む

私は現在東京の某出版関係で働いている23歳のol" target="_blank">OLです。私の出身は東京だ ったのですが、

高校時代から関西の方に興味があったことから、大阪の北部にあ る関○大学にいくことにしました。











私は、将来マスコミ方面に進みたかったので 社会学部に入学したのですが、

今日は学生時代の悲惨な体験を告白したいと思います。

それは私が4回生の時でした。就職活動も終わり、私は大阪での残りの学生生 活を楽しもうとしていました。

あれは、私の誕生日のことです。私の所属するゼ ミのクラスメートが、バースデーパーティーを開いてくれました。

その日は男の 子6人、女の子は私を含めて4人で大学の近くの居酒屋に行くことになりました。



私はお酒を飲むことは好きなのですが、それほどアルコールは強くありません。

続きを読む



土曜の夜は夫婦でまったりエッチの日ですが、愛美の浮気告白を聞いてからは少々内容が濃くなりました。
愛美と××氏とがしていたというエッチの再現プレイがきっかけで、
そっち系に移行してしまったからでしょう。。
ソフトとは言え、僕にとっては未知のゾーンだったSMの世界。
照れてしまいまして、はじめはなかなかうまくできなかったんですけどね。
愛美が上手に雰囲気を作ってくれるので、少しずつ慣れていきました。
自宅だと普段の生活感があり過ぎて盛り上がりがイマイチですから、
エッチはホテルでするようになりました。

夫婦でラブホテルに行くのもいいですよね。
目隠し・手錠などなど小道具一式をバッグに詰め、車でホテルまでお出かけです。

続きを読む

知人に M という某有名サークルの代表がいて、ひょんなきっかけから彼と知
り合った。要は私の先輩と M の先輩が仲が良くて、事あるたびに呼び出され
奴( M )も同様なポジションだった。
基本的に呑みやイベントに誘われれば断れない性質の俺なので、ほぼ呼び出し
に関しては皆勤賞で、奴もそうだった。そうして、奴とは徐々に仲良くなって
いった。
 
 
ある時、イベントに全体的に線が細いがスタイルの良い女性が現れた。顔はそ
れほど美人ではないが、雰囲気がとても柔らかかった。
聞くと、それが M の彼女で M はベタ惚れらしいという情報を仕入れた。
M に呼ばれ、
M「よぉLOD、紹介するよ。俺の彼女の S。」
俺「あ、どうも。始めまして。入り口で綺麗なんで見とれちゃったよ。M の

続きを読む

彼女泥酔状態でした。終電にほど近いに女性が一人でフラフラ歩いていました。年の頃は22~25歳と言ったところ。そそる体とは言えないが、普通体型。
 スーツ姿ではあるが、なんだかあどけない感じが抜けない雰囲気を持った子だった。
 僕は31歳の男。と子供が眠っているので、ちょっとコンビニに買い出しに行くつもりで外へ出ていた。そこで、駅の方からフラフラと歩いてくる彼女を発見したのだ。

 一旦、彼女とすれ違ったのだが、なんとなく下心が芽生え、彼女に話しかけた。
「大丈夫ですか?」
 すると、彼女は眠そうな顔を僕に向け、「だいじょ~ぶ、ですぅ。」と、愛嬌のある笑顔で答えた。
 思わず僕も笑顔になったが、その途端、ふらついた彼女

続きを読む

このページのトップヘ