レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:脚



インターネットで知り合ったTさんに調教してもらうようになって、半年くらいになります。
 夫婦でSMプレイをしていましたが、二人ともそれでは飽きたらず、Tさんにお願いすることになったのでした。
 私の参加は認められていませんが、が持たされて帰ってくるビデオを見るのが私の楽しみです。そこには、調教の一部始終が記録されています。

 はTさんが借りているマンションで調教を受けます。
 そのマンションは、広いリビングルームとベッドルームの2部屋があり、いつもが着く頃には、既にTさんの仲間が三、四人、リビングルームを取り囲むように置かれたソファの上で、スコッチの入ったグラス片手に待っています。続きを読む

 わたしは埼玉から都内へ通勤しています30歳の銀行員です。ご存知のようにこのSSラインはとても混雑し、人身事故等で遅延した際は本当にすし詰め状態になります。当然、人と密着してしまうために自分の体に男性が触れていても仕方なく、痴漢でない場合がほとんどです。

 もちろん、かなり黒に近いグレーの痴漢のような経験もありますが、そう言う場合は自分から車両を変更するなどして身を守っていました。しかし、先週の水曜日と木曜日は遅延によって車内は非常に混み合っていて全く身動きができませんでした。この二日間の痴漢のような出来事にお話します。
 水曜日の朝、すでにとても混雑していた電車にわたしは乗り込みました。するとすぐに男性らしき人物がわたしの背後に密着するのが分かりました。続きを読む

 先日、私は初めて痴漢に会いました。地元の小さな公民館で映画を上映する企画があって、娘と一緒に公民館へ出掛けました。前の席はシートが敷いてあり、中央から後ろは椅子が設置されていました。既に満席だった中、壁際の一番後ろの席が1つ空いていたので娘を座らせ、私は椅子の後ろに立って見る事にしたんです。

 館内は照明が消され、上映が始まっても次々と館内へ入って来るお客さんで立ち見席も込み合っていました。映画が始まって20分程が過ぎた時でしょうか?私の身体に触れる感触に気づきました。”こんなに込んでいるんだから仕方ないか?”そう思い、気にしない様にしていたんですが、明らかに触れる場所に違和感を感じたんです。続きを読む

ある日の事だった。

家に帰っている途中、クラスでも仲の良かった女の子が4人組の男達に公園の駐車場で囲まれているのを見た。

僕は、正義感からではなく"男として助けないと"と思い助けるつもりだった。

考えた作戦は、"何気なく会って一緒に走って逃げる"だった。

喧嘩はあんまり強い方ではなかったからだ。

でも、作戦とは全く違う結果になった。

そう、いきなり友達が僕の方向に走って逃げてきたのだ。

そのまま逃げればよかったのに僕は無駄な正義感に囚われ、男達に喧嘩を売ってしまった。

だが、結果は僕がボコボコにされた。

ボコボコにされながら、

「こいつ雑魚だなw」

「女の方は捕まえて車の中だw」
続きを読む



営業先に行く時に
時間に余裕があったので
痴漢する為に山手線を
一駅ループする事にした

一駅進んで戻るの折り返し

折り返しのホームに降りると
すでに電車が待機していて

パッと見て一番好みの女の子が
ドア際に立っていた

車両に乗り込んだら
後ろからもう1人乗ってきたおかけで
自然な動きで右手が狙いの
女の子の股間に真っ直ぐ密着し
痴漢する事ができた

最初は警戒されると思ったんだけど
意外と目立った反応もされないまま
静かに密着し
彼女の股間に俺の右手を押し付け痴漢した

これは行けるかも
知れないと思って

少し指を曲げて見ると
人差し指の第一関節が柔らかい
彼女のマンスジに
キュッと食い込んだ
続きを読む

このページのトップヘ