レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:自分の浮気

結婚6年目のは32歳,見た目はとても地味で子供は1人います.1年ほど前から隣町にあるインテリアリフォーム専門の小さな工務店にパートで働き始めました.
 一月ほど前,私の仕事が休みで,が仕事に出かけた後,暇にしていた時のことでした.爪切りを探そうとの鏡台の引き出しを開けると奥のほうに隠したようにして5枚のSDメモリーカードと2本のDVテープがあることに気付きました.
我が家も最近,デジカメを使い始めましたが,こんなにSDカードを買った覚えはありません.また,DVカメラは我が家にはありません.
 少し不思議な感じでしたが,ちょっと悪いと思いつつもSDカードの中の画像を勝手に見させてもらうことにしました.1枚目のSDカードのファイルをパソコンに全てコピーし,画像閲覧ソフトで画像を開きました.続きを読む



私は、まあまあの大学を卒業し、全国区ではありませんが一様地元では名の知れた企業に無事に就職しました。
俗に人の言う苦労知らずの道を歩んでいたのでしょう。自分では挫折も味わったつもりですが、友人に言わせると、そんなのは世間知らずの甘ちゃんだと冷やかされてしまいます。人の痛みは10年でも我慢出来ると言いますが、私もそんな感覚で、自分の悩みは大した物で、人の悩みは小さな物にしか感じない俗物なのだろうとは自覚しています。
そんな私が25歳で3年後に入社した今の職場結婚しました。
その時のの雅子は、野性的な美人でありながらも、個性的な雰囲気がその風貌をより強いインパクトにし、男性社員から可也人気がありました。続きを読む


やがて二人が長いキスを終えて、又マッサージに戻った様です。
さっきと比べて先生と打ち解けて世間話を交わしています。
ただその声の中に、身体を許した相手にしか含まれないであろう
媚びと親近感を感じます。

その内に私の話になり、
先生に私がマッサージを学びたがっていると言いました。
人妻寝取った男の余裕でしょうか。
急にドアが開いて先生が私を招き入れてくれました。
は今日下ろしたてのすみれ色のパンティーを履いていました。
その真新しいパンティーが完全に脱がされて床に落ちてます。

その上の全身がオイルにまみれ、
ぬめぬめと光っていました。
もしかするとセックスをした時の汗も交じっていたかもしれません。続きを読む



人生にとって一時の成功が全てではないし、失敗も終わりではないと近頃は思うのです。
生きていれば色々な体験をするものですが、それらに真剣に向き合う事で初めて経験が自分のものとして人間の厚みになるのではないでしょうか。何処にでもありそうな下らない話ですが、薄っぺらに生きてきた私には貴重な勉強となりました。

私は、そこそこの大学を卒業し、全国区ではありませんが一様地元では名の通った企業に無事就職しました。
俗に人の言う苦労知らずの道を歩んでいたのだと思います。自分なりには挫折も味わったつもりですが人に言わせると、そんなのは世間知らずの甘ちゃんだと冷やかされてしまいます。
人の痛みは10年でも我慢出来ると言いますが、私もそんな感覚で自分の悩みは大した物で、人の悩みは小さな物にしか感じられない俗続きを読む



私のが74歳で亡くなって四ヶ月が過ぎました。

私は現在51歳になりますが、私達親子は実年齢よりも若く見える
親の面倒をよく見る孝行息子として近所でも評判の仲良し親子でした。

しかし実を言うと私とは、私が33歳、が56歳の時から約18年間
夫婦同然に暮らしているいわゆる近親相姦の間柄なのでした。
さすがにが病気になったここ3?4年間は無理でしたが、
それまではと二人で淫らなセックスを毎週のように楽しんでおりました。

父は私が23歳の時(今から28年前)に癌で亡くなりましたが、
それよりずっと以前か浮気をしており そのことは当時小学生だった
私も薄々感じていたほどでしたし実際に私が19歳の時には、
続きを読む

このページのトップヘ