レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:臭い

私はその時歳、は歳でした。父は離婚していませんでした。
塾の帰り、が車で迎えにきてくれました。しかし、一時停止無視した車に接触しました。それに腹立てたのか、チンピラ風の人が弁償しろと言ってきました。は悪くなにのに。 
とにかく警察呼ぼうと、が言うと、チンピラの車からボス見たいな人が降りてきて、
「ここで話しするのもなんだから」と場所変えて話そうと言ってきました。が抵抗するとボスは私を羽交い締めし人質にしました。
私はチンピラの車に乗せられ、は、その後ついて来るよう指示されました。
妙なことしたら、私を殺すと・・。
車内にはもう一人いました。逃げな続きを読む



年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生
活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか
つつましく暮らしていました。

 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十
六才の高校一年生です。
 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事
務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき
ました。

 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお
かしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていま
した。

 予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、それまでの素直な純真さが続きを読む



「君がそんな人のプライバシーを盗み見するような下衆な人間だったとはねぇ。どうなの?」
勝ち誇ったように、しかし冷酷に所長は美幸をののしる。
「も、申し訳ありません…」
半べそで美幸はそれしか答えられなかった。

「謝られてもねぇ…。俺の恥ずかしいとここっそり見てすいませんで終わりって虫が良くない?」
返す言葉がなかった。確かにそうだ。所長の秘められた部分を興味本位で覗いたのは美幸本人であった。

「おかしいよね。やっぱり償ってもらわなきゃねぇ。どうだろう、僕の恥ずかしい部分を君は見た。だから僕も君の恥ずかしい部分を見せてもらおう。もちろん口外はしないよ。これでお互いおあいこだ。」

「そ、それは…」続きを読む



その日も、ターミナル駅は混雑していた。

スーツ姿のサラリーマンに杖をついたお年寄り、
ヘッドフォンからシャカシャカと雑音を振り撒いている若者。
ちょうどラッシュの時間帯にぶつかったらしく、構内の通路は
たくさんの人、人、人で溢れ、それぞれ忙しげに先を急いでいる。

一見して、特に珍しくもない日常的な光景。
だがその中には、行き交う人々の僅かな隙間をすり抜けるように
疾駆する蒼い影の存在があった。
常人の目には残像すら映らぬほどの速度で移動する蒼い影は、
さながら吹き抜ける一陣の風のようであった。

(――逃げられた……?)

しばらくして蒼い影は突然歩みを止めると、人々の前に姿を現した。続きを読む

このページのトップヘ