レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:花嫁

これも一種のレイプかもね。
俺は朝のモーニング割引で一発抜いて営業に行こうと考え、会社から飛び出してヘルス街にやってきた。

呼び込みの声を聞き流しながら今日の店を選んで歩いているとまだ午前中とはいっても俺と同じような連中が何人か店を選んでいる。
そこで、顔見知りの女に出会ったのだ。

3年前結婚で会社を寿退社した、営業2課の裕子だ。
他人の目を避けるようにうつむき加減に急ぎ足で左から横切るように右の路地に入った。

この清楚な雰囲気が出ている女には不釣り合いな裏路地を歩いて、数メートル先の高級ヘルスにボーイに頭を下げながら店の中に消-----続きを読む

「大きくなったら何になる
花嫁さんになるの綺麗なおさんになるの」
小さな頃、女の子なら一度は口にする会話を懐かしく感じていた
そしてその花嫁さんになる日が近づいてきた。
夕方の就業時間になると大きな花束が彩加に渡された
「おめでとう彩加ちゃん」「本当におめでとう」
「幸せになってね」職場の仲間が彩加に祝福の言葉と花束を贈り
続きを読む



段々と迫る瞬間を私も待つの…そして激しい衝撃が全身を襲いました!
「あぁぁぁぁぁ───────!!!」
出てくる…中から、大きなの…道をこじ開けて、
少しずつ少しずつ…その苦しみと痛みに、私は必死に耐えます。
サトさんは少しでもマシになる呼吸を、自ら実演し私に教えてくれました、
でもそれをしても…やっぱり辛いわ、だけど…頑張らなきゃ。
「あぁ…んあぁぁぁ─────!!!」

バッシャァァァァァッ!!

「おぎゃぁぁぁ!!おぎゃぁぁぁぁ!!」
「おぉぉぉぉぉ─────!!!」
公園の一角から激しい歓声が起き、周囲に響きます…
その中に元気良く鳴く、赤ちゃんの声も混じってた…
出産…しちゃった、この中の誰かの赤ちゃん…産んじゃったの。続きを読む



現愛車の契約に家にやって来たセールスレディーの新詩織に
強制中出しを決めてから5ヶ月がたった。

俺は人妻を犯る時は必ず危険日で、そいつを妊娠させる事を常としてきた。
が、諸々の事情で詩織はそうではなかったのだ。
そのときの事をこれから書こう。

レイパーの俺にとって、自分の下で快楽に溺れて啼く女は嫌いではないが物足りない。

やはり抵抗し、拒絶の言葉を吐き、挙句の果てに意志とは裏腹に
無理矢理絶頂を迎えさせられ、羞恥と被虐と絶望に涙を流す様子を
鑑賞しながらでないと今一盛り上がらない。

まっ、レイパーの本能というやつかね(笑)
で、狙いを付けたのは車のセールスレディーの詩織。28歳で細身の美人だ。続きを読む

名無しさん(10代)からの投稿?-私には両親にも彼にも言えない秘密があります。
私が10歳の時でした。
パパのお父さん(爺ちゃん)が突然の事故で亡くなったんです。
爺ちゃんの家は、旧家で大地主。
専業農家だった事もあり、後継ぎ話で揉めていました。
パパには8歳下の弟(叔父)がいたんですが、高校に入ると間もなく引きこもりになり、今でも部屋から出て来る事が無いと言います。
この叔父は、中学まで成績優秀で将来を期待されていたらしいんですが、進学校に入り2年生になると同時くらいに引きこもりが始まった様でした。
(原因は不明らしいです)こんな状況ですから、パパが実家に入る以外の選択肢は無かったんだと思います。続きを読む

このページのトップヘ