レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:若妻



学生時代からテニスをやっている俺は
社会人になっても
テニスサークルに入っていました

それで出張先でも
参加自由のテニスサークルがあると
俺はそこに行ってテニスをしていました

こんな風に色んな社会人向けの
テニスサークルに参加していると
色んな人と自然と出会う機会が多いんです

この前、仲良くなったのは
三十路可愛い熟女の里香で
旦那さんは単身赴任したらしく

子供がいない為か
仲良くなると俺に

「最近、寂しいんだ」

ともらし甘えてきた

俺は可愛い人妻熟女
Hするチャンスとばかりに

毎日のように夜になると
電話で悩み事を聞いてやり
里香の信頼を得るようになった

里香の家にも
続きを読む

伊佐坂先生の新境地(名作選)

こんばんは。さて活字離れの昨今ではありますが、みなさんは私こと『伊佐坂なん物』の書く小説をお読みになった事はありますかな?
 
 小説のスタイルという物は、流行や世相と共に流行り廃れするものだと理解しているつもりでしたが…。どうも私の書く恋愛小説は読者に飽きられてしまったようですな。

 先日、出版社の私の担当者がこう言うのです。
「伊佐坂先生、どうも最近、先生の御著書の部数が伸び悩んでいましてね。
アンケートによると、どうやら読者は先生に何か新しいスタイルの小説を望んでいるようなのです。ですのでここらで何か新境地を開拓されてはいかがでしょうか?」と。

「新境地か…、今更何を書けっていうんだ」私は数ヶ月間、様々なリサーチをしながら頭を抱えて苦悩しました。続きを読む

伊佐坂先生の新境地

こんばんは。さて活字離れの昨今ではありますが、みなさんは私こと『伊佐坂なん物』の書く小説をお読みになった事はありますかな?
 
 小説のスタイルという物は、流行や世相と共に流行り廃れするものだと理解しているつもりでしたが…。どうも私の書く恋愛小説は読者に飽きられてしまったようですな。

 先日、出版社の私の担当者がこう言うのです。
「伊佐坂先生、どうも最近、先生の御著書の部数が伸び悩んでいましてね。
アンケートによると、どうやら読者は先生に何か新しいスタイルの小説を望んでいるようなのです。ですのでここらで何か新境地を開拓されてはいかがでしょうか?」と。

「新境地か…、今更何を書けっていうんだ」私は数ヶ月間、様々なリサーチをしながら頭を抱えて苦悩しました。続きを読む

万引きの罰に疼きを覚えてしまった若妻

業務スーパーK、安いので近所の主婦層には人気がある。
近所の社宅に住む高藤未央は、黒いショートヘアーで切れ長な目が印象的な美人だ。
旦那もごく普通の会社員であり、二人は昨年の夏に結婚したばかりの新婚カップルであった。そんなかわいらしい若妻・未央。24歳で身長は160。彼女は一人で社宅にいるというストレスからか、スーパーで万引きをしてしまったのだ。




そして未央はテレビで見たのと同じく店の外で肩を叩かれ、事務所に連れて行かれてしまった。

向かいのパイプ椅子を指差して座るように促されると、静かに事務所内に入って腰掛ける未央。うっかりバッグに入れた、という言い訳は通じなかった。続きを読む



前編は以下のとおり



俺の目に飛び込んできた美乃の姿は、上は白いブラウスだけで、

下は生足でこれからジーンズを穿こうとしていた状態でした。



美乃は俺の顔を見るとあまりの恐怖心でなのか、

声も出ない状態でした。



俺はトイレの中に侵入すると、美乃を壁の方へ押しつけるようにして、

自然とキスをしようとしてました。当然美乃も抵抗します。



か細い腕を伸ばし俺の顔が近づかないようにして、

顔を背けました。美乃の力ない腕を押さえるのは簡単でした。



まるで万歳するように美乃の両腕を頭の上の方で、




左手ひとつで押さえ、右手で美乃の顎を動かないように押さえながら

続きを読む

このページのトップヘ