レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:覗き

 親が入信してた某宗教団体の青少年部の合宿とやらにちゃんと参加させられた。
 青少年部というくらいで、上は高校、下は消防下級生くらいまで、引率リーダーでも大学生くらいで、責任者の団体の先生以外は20歳以下で、30人くらい集まってた。

 民宿みたいな家で、2泊3日の間、いろいろ教義の勉強をするのだが、どっちかというと、子息同士の親睦・コミュニケーションの時間が多かった。
 そのせいか、2回目だったときは、けっこう知った顔も多く、自然とグループで集まっていた。

 事件はその2回目の2日目の夜に起きた。
 この日の夜は花火をしたりしたあと、10時に消灯された。
 でも、しばらくして、同じグループのさんたち3人が、ガサガサ起き出して、コソコソ部屋を出て行った。続きを読む

先日,友人のA子が私大の大学病院で受けた,屈辱的な体験について手紙をくれました。

A子は24歳になるたいへん美人OLでして,有名大学の英文科をトップクラスの成績で卒業し,今は,一流企業の重役秘書をしています。

以下,彼女の手紙の全文を紹介します。

先日,仕事上のストレスもたまり体の調子が優れず,思いきって大学病院へ診てもらいに行きました。
大学病院なら最新の設備と,優秀な先生方がおられ安心だと思ったのです。
芸能人などもよく入院する病院で,腕は確かだと思っていたのです。

今から思えば,普通の病院にしておけばよかったと後悔でいっぱいです。
初診の受付を済ませ,2時間も待たされたあげく,内科の診察では単なる疲労で片付けられ,産婦人科の診察も受けるように勧められ,産婦人科へ回されてしましました。続きを読む

某大学院で人間心理学を専攻している26歳の院生です。
私が学生の頃から参加している、サークルで催眠術研究会があります。

かなりマイナーな、サークルでメンバーも院生の私(OB扱い)以外には男子学生が5
人と少なく、顧問として心理学科の松谷教授を含め7人しかいない。
しかし松谷教授の催眠術には一見の価値が有るほどの技術が有り、我々から尊敬され
ていた。

松谷教授は50歳を越える為、穏和だが神秘的な雰囲気のする人で本人曰く、
「心理学の研究の一環だよ。まあ、趣味と実益を兼ねたものかな。」
というが、そんなレベルでは無いと私は以前から思っていた。

そんな教授が少し変わってきたのが5月下旬頃。
4月、大学に新入生が入学し、我がマイナーサークルになんと、女子学生が2人参加し続きを読む

「おいヤバいんじゃね? もし妊娠しちゃったら……」
「堕胎の費用は経費で落ちるから心配ない。そんな事より私のランドセルを取ってくれないか。最後の仕上げをしておかないとな」
 無理矢理押さえつけて、服を剥ぎ取って、処女まで散らしたと言うのに、まだ何をするというのか。すっかり打ちのめされた愛は普段の気丈な態度など消し飛び、怯えるような目でドイルを見上げていた。

ペニスを抜き取ったドイルがランドセルから巨大な注射器を取り出す。
「みんな、愛おちゃんのおを持ち上げてくれ。これからたっぷりと浣腸してあげるから」
 注射器の先端から垂れる透明な液体を目にして、茫然自失だった愛が青ざめた。
「かんちょうって?」続きを読む

親父(58)に女が出来て(47)と二人で居ることが多くなった。
俺(23)は仕事はガテン系で体力面では自信がある、は体も小さく痩せこけてる、はパートを始めたが俺の収入で生活している。

家事をしてくれるし生活は楽だ、彼女を部屋に呼び泊まった次の日だった、が珍しく俺に噛みついてきた。将来の生活に不安があるからなのか、また棄てられると感じたのか解らないが発狂したように思えた。

「女を泊めるんじゃないわよ!!なんなの!」叫びながら手当たり次第物を投げてきた。
「何だよ!!」重い空気の中俺は家を出た。深夜に家に帰るとはテーブルで酔って寝ていた。

抱き上げベッドに寝かせ、痩せこけたをしばらく眺めていた。先程彼女で抜いて来たのに、…犯したい・・・、そんな気持ちが出てきた。まさか、自分の母親と…心臓がドキドキし少しながら、悪戯をしてみた。続きを読む

このページのトップヘ