レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:調教





こんばんは。
さて活字離れの昨今ではありますが、みなさんは私こと『伊佐坂なん物』の書く小説をお読みになった事はありますかな?小説のスタイルという物は、流行や世相と共に流行り廃れするものだと理解しているつもりでしたが...。
どうも私の書く恋愛小説は読者に飽きられてしまったようですな。

先日、出版社の私の担当者がこう言うのです。
「伊佐坂先生、どうも最近、先生の御著書の部数が伸び悩んでいましてね。アンケートによると、どうやら読者は先生に何か新しいスタイルの小説を望んでいるようなのです。ですのでここらで何か新境地を開拓されてはいかがでしょうか?」と。



「新境地か...、今更何を書けっていうんだ」私は数ヶ月間、様々なリサーチをしながら頭を抱えて苦悩しました。続きを読む





豪奢な椅子に腰かけ、膝に置いた愛用の銃を拭きあげる。
銃器の手入れは、伯爵が自らの手で行う数少ない作業のひとつだった。
長身の銃はやや旧い形式。

獲物を捉えたときの手応えが気に入っている。
だが今日の狩りで役に立ったのは、普段はほとんど使われることのなかった別の機能。
その働きを褒めるように、磨きこまれた銃床を指先で撫でて。



そして、伯爵はゆっくりと視線を上げた。
目の前に今日の獲物が吊られている。
両手を上に広げ、かろうじて爪先がつく態勢で。

いまも窓の外に降り続ける雪のような白い肌をさらして。
「......素晴らしい」陶然と伯爵は呟く。
巨大なモノ・アイに、不吉な輝きを浮かべて。続きを読む



私の、小由里は現在38歳である。

子供を二人産んでいるが身体の線はそれほど崩れていない。

歳よりだいぶ若く30そこそこに見られる。

身長は160cmで体重は50キロ、芸能人で言えば浜崎あゆみをふっくらとさせた感じである。

近所でも評判の美人である。

そんな小由里にどうしてもあることをやってみたい...それは小由里とのセックスがマンネリになっていることもあるが、私以外の男とセックスした場合どんな風に変身するか見てみたいという欲求である。

私の知る限りでは浮気などしたことはないはずである。

計画はいつも庭の手入れをお願いしている植木屋のご主人に小由里を抱いて欲しいとお願いすることにした。続きを読む



「うぅ...、やめて、指を入れないで!」

と言い哀願したが、眉間にはシワが...。

そう、眉間にシワを作るときはかなり感じている時である。

指を執拗にこねくり回すAさん。

その指は小由里のGスポットを確実に捕えている。

小由里はイク寸前までなっていた。

突然、Aさんの指が抜かれた。

すると小由里はなぜやめるの?という顔をしていた。

それを何度も繰り返すAさん。

小由里はもうイキたくて我慢ができなくなっている。

小由里の顔に大きく反りかえった肉棒をもってゆき「ナメろ!」

と命令した。

小由里はそれでも「いやです」

と言ったが鼻フックで口は開きっぱなしである。

頭を抱えると無理やり突っ込んだ。続きを読む

大学でカップルフェラ覗き見してたら彼女だった (ジャンル未設定) 11278回

2012/01/14 09:26┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
444 :えっちな18禁さん:2011/07/24(日) 18:46:05.24 ID:fJ5KK7JX0今日の話。大学でとある就職の採用試験があった。試験場の設営で彼女共々十数名が駆り出されたんだが、試験か終わってやれやれ、と思ってたら友達の一人が慌てて俺の所に来てこっそり耳打ちした。「A室に怪しいカップルがいる」俺は好奇心とスケベ心でその友達と現場へ向かった。A室と繋がっているB室から入り、ガラス戸から中を覗いた。続きを読む

このページのトップヘ