レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:豊満



90 :えっちな18禁さん :sage :2012/02/10(金) 11:20:12.73 ID:jD8453740(19)俺は高校時代から彼女のことを意識していたのだが、ひさしぶりに再会すると、彼女も俺のことを覚えていてくれた。そして喫茶店でコーヒーを飲みながらいろいろ話をしてみると、年の差をあまり感じず、なぜか気が合い、会話がはずんだ。彼女のアメリカ人の夫は仕事の都合でアメリカに一時帰国しており、日本に戻るのは半年近く先で、一人息子もアメリカで全寮制の高校に通っていて、俺と再会したとき、彼女は俺の出た高校で教えながら、マンションで一人暮らしをしていた。彼女も俺のことがまんざらでもなかったのか、それとも一人暮らしの寂しさがあったのか、その後、俺と彼女はよく一緒に食事をしたり、飲みに行続きを読む



90:えっちな18禁さん:2012/02/10(金) 11:20:12.73 ID:jD8453740

俺は高校時代から彼女のことを意識していたのだが、ひさしぶりに再会すると、彼女も俺のことを覚えていてくれた。そして喫茶店でコーヒーを飲みながらいろいろ話をしてみると、年の差をあまり感じず、なぜか気が合い、会話がはずんだ。彼女のアメリカ人の夫は仕事の都合でアメリカに一時帰国しており、日本に戻るのは半年近く先で、一人息子もアメリカで全寮制の高校に通っていて、俺と再会したとき、彼女は俺の出た高校で教えながら、マンションで一人暮らしをしていた。彼女も俺のことがまんざらでもなかったのか、それとも一人暮らしの寂しさがあったのか、その後、俺と彼女はよく一緒に食事をしたり、飲みに行ったりするようになっ続きを読む



愚痴りながら酔って寝てしまった友達彼女キスして脱がしちゃったエッチな体験談学生の頃、友人Aの彼女の由実が相談にやってきた。どうやらAが後輩と付き合い始めたらしく別れ話を切り出されたらしい。 由実は悩んで少しノイローゼ気味になってしまい、強くもないのに毎晩酒に溺れていた。そこで俺も酒飲みに付き合うことになったが、俺にも彼女がいたし店で飲むのもどうかと思ったので、俺の彼女がバイトで来ない夜に俺の部屋で飲む事になった・・ 酒を飲みながら、Aの悪口を言い合ったり、俺の彼女やバイトの話をしたり・・たわいもない時間が過ぎていった。 彼女はペースが速かった。やがてロレツが回らなくなってきて、トイレに立った。続きを読む



俺は立ったまま彼女の首筋や乳首に舌を這わせながら、スカートの中に入れた右手の指先を絶え間なく動かし、クリトリスや膣内の敏感な肉壁を愛撫していった。

やがて彼女は、すでにはちきれんばかりになっている俺の股間に右手をのばし、ジーンズの上からそこを撫でながら、顔を紅潮させ、泣くような声を出して、「もうだめ…お願い、入れて…」とささやいた。


それは女盛りの脂ぎった豊かな肉体が、もうそれ以上がまんできず、年下の若い男に最後のものを要求しているように感じられ、俺の欲情をいっそうかき立てた。

そして今日こそ、この艶っぽい年上の白人女教師を自分の力で征服したいという思いにかられた俺は、彼女をいつものベッドではなく、半ば強引に、部屋にある大きな洋風の鏡台の前に連れて行き、立たせたまま鏡台に両手をつ続きを読む



民宿の露天風呂でが犯されてました・・・

私が中学一年の秋頃、某県の寂れた民宿に家族三人で泊まった時の事です。その当時30代中盤、胸はFカップはあったでしょう。  その民宿は格安の割には露天風呂等もありましたが、5部屋ぐらいの小規模な民宿を50代くらいのおじさんが一人で切り盛りしていました。私達が行った日は私達ともう一組の40前後の男性客だけが宿泊していました。  夕方4時過ぎに着いた時には、ちょうど夕日が紅葉を照らし奇麗でしたね。 私達は案内された二階の部屋に入り、民宿のおじさんの簡単な説明を聞くと、食事は食堂で皆と一緒、温泉は男女別だが、露天風呂は男女交替で、女性は19時~22時迄、男性は22時~0時迄、0時~6時迄は混浴で6時以降は清掃作業に入るので使えず、布団等も申し訳ない続きを読む

このページのトップヘ