レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:輪姦

おばさんの腰が淫らにくねってるよ。もう出そうだからね。」
嫌がる私を押さえ込んで息を荒げるサトシ。
経験の少ない息子が以外の女性の中に射精する事に、サトシは興奮しきっていました。
私の中に出そうと猛烈なラストスパートで荒々しく突き上げてきます。
こんなに相性のいいオチンチンで追い込まれては、私の方だってたまりません。
せめて息子にいかされることのないように必死に耐える事しかできませんでした。

「出るっ!出るよっ!うあああああっ!」
抵抗も虚しく膣内でビクビクッと痙攣したかと思うと、熱い精液が大量に子宮に注がれていきます。
あ、熱いのが入ってくるっ!サトシの精子が私のおまんこに!
体は女の喜びに震えながらも、心はとして怯えに震えてしまいます。続きを読む

今更近親相姦がタブーなんて僕に言えることじゃない。
もう何回も、叔、それにさんとしてきたんだ。
心の中で決心を固めた僕は、このままさんとの近親相姦を楽しむことに決めた。
そう決意して快楽に集中していくと、やはり他では経験出来ないほどの気持ちよさが股間からやってくる。

見せつけるように大きく胸を揉みながら、さんの動きがさらに激しさを増していく。
腰をくねらせながら上下に動くたび、手で重さを支えきれないのか、オッパイもタプンタプンと揺れてしまう。

「サトシのオチンチンがピクピクしちゃってるわよ。出そうなのね…」
確かに今にも爆発してしまいそうなぐらい昂ぶってきている。
それを膣内で敏感に感じ取ったさんが、寝たふりしている僕に話しかける。続きを読む



667 名前:えっちな21禁さん[] 投稿日:2006/03/16(木) 18:16:32 ID:8og0ivIW0
輪姦か…今だから言えるけど、高校は輪姦生活だったよ。
まぁ私はイヤじゃなかったし、気持ちよかったからいいんだけどね。
よくあれだけの体力があったなぁと思う…今はもう無理。

671 名前:えっちな21禁さん[] 投稿日:2006/03/16(木) 22:19:36 ID:8og0ivIW0
今だから書ける輪姦体験。まとめてみました。
ところどころ変かもしれませんが…

初めて輪姦を経験したのは高校1年の夏頃の5P。1学期の期末試験勉強中の時。

続きを読む

当時、俺の所持していた携帯はJのSH06を所持していた時代。



久しぶりの平日休み(月曜)の朝、やる事も無くパチンコにでも行こうかと開店前から家を出た、途中ローカルだがそこそこ大きいJRの駅のロータリーに車を停めコーヒーを買いベンチで夏の朝の涼しさを味わいながら通勤、通学の人間鑑賞w



パチ開店の時間になったので行こうかと思ったら、俺の車の前にハイエースが停車した。今から俺が出るのに邪魔やなと思い俺は乗車して、ハイエースが出るのを待った。



すると、スライドドアから男二人と女が降りてきたのだが女の様子が変だった。ん?と思いそいつらの行動を見てた、パチに行くつもりだったが暇つぶしの為だったから時間は気にしていなかった。



男二人に挟まれた形で肩組みされて女はフラフラしながらベンチに座らせていた、男一人が車に戻りベンチには男一人女一人。



女はグッタリしていて調子悪そうで残った男は所持していたペットボトルのお茶を渡して少し声かけて車に戻った。



その頃には駅の人はほとんど居なくてベンチにぽつんと女がグッタリ一人。女を降ろしたハイエースは少しの時間居たが何処かへ行ってしまった。



俺は気になり女の元へ行き隣に座った。うつむき加減でグッタリしていて何の反応もない…


続きを読む

「援助の女子校性みんなで輪姦(まわ)さへんか?」

小汚いアパートの一室で酒を飲みながら一博がふと口走った。
6畳ほどの部屋で輪になって飲んでいた7人の男達の目が一瞬ギラついた。

男達は全員30代前半だが女性とはここ何年か無縁で、
女子校性なんて夢のまた夢である。
しかし事あるごとに
女子校性いいよなぁ」
制服着たままやりてぇ」とかなわぬ夢を嘆いていた。

「そおやなぁ!会社も潰れたことやし1回勝負しよか!」
コップ酒飲み干し一番年上の英樹がニタつきながら軽く叫んだ。

実の事いうとこの7人みんなある会社の同僚だった。


続きを読む

このページのトップヘ