レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:輪姦

父親は小学校高学年の時蒸発、中学上がると同時に母親がやっていたスナックが知人に騙され売る事に。
それからはパートで生計を立てるが長続きせず家で酒浸り、私とつ下の弟の給食代も滞る始末。
中二になったあたりからはなにやら得体の知れない人たちと付き合い始め僅かだが生活費も回してくれるようになった。
誰かと聞くと昔の知り合いとしか教えてくれない。
しかし中二の秋学校から帰ると珍しく玄関先でが待っており急いで上がるように促される。
弟共用の勉強部屋に行くと先に帰っていた弟と取り囲むように最近よく見る男達が数名。
異様な雰囲気にを振り向くと、この人たちの言うとおり続きを読む

私は高校2年の冬のときにレイプされました。
前まで付き合ってた彼氏がモテていたのをいいことにガラの悪いヤンキーと付き合って、ヤンキーが多いことで有名なK男子校に元カレは入学しました。
で、私が帰るときに、校門にそのヤンキー友達を連れて、元カレは私を待ち伏せしていました。
でも、そのときだけ、生徒会のため、遅くなり、一人でかえっていました。
すると、校門のところで元カレとヤンキー3名が飛び出てきて私の腕と腰と足をつかみました。
私はびっくりしてなにもいえないときに、その元カレ(仮名、智紀)がやってきて、口にガムテープを張って、腕をロープで縛り上げました。
そして智紀は、ヤンキーになにかを命じ、ナイフをとりだしました。続きを読む

あの日、いつものように家へ帰り、マンションのドアを開けたときでした。
 出し抜けに、後ろから強い力で抱きかかえられ、口を手で押さえられたまま、部屋の奥へと連れ込まれました。
背後でカチャリと鍵がかかる音がしました。
私がようやく状況を理解したとき、既に私は3人の男に押し倒されていました。
3人とも高校生らしく、学生服を着ています。
私は両手を一人の男の両膝に組み敷かれ、足は別の男に押さえつけられていました。
そして、リーダー格の男が、私の上にのしかかってきたのです。
「愉しもうぜ、大人のおちゃん。めちゃくちゃに犯しまくってやるからな。」「ふふ、スーツ姿の女って、そそるんだよなあ。いい体してるぜ全く。」「さあ、じっくり味わってやろうぜ。」 私が悲鳴をあげる間もなく、リーダー格の男が私の唇を奪い、舌をこじ入れてきます。続きを読む

「あっーー もうやめてぇー おがこわれちゃう うーん うーん いやん いやん はん もう 死んじゃう」 リビングで抱え上げられておまんことおを同時に犯された後、もう一人に立ったまま 壁に手をついて 後ろからおとおまんこを凶器でえぐられます。
 ゆっくり一回ずつおまんこかおをえぐるように突き上げられます。
 どちらに入れられるかわからないので、期待と恐怖で震えてしまいます。
 本当は激しく、もっと短い間隔で何度も突き上げてほしいのに、でもそんなことは言えません。
 膣の部分をなぞるように押し付けてくるので、おまんこに入れられると思っていたのに、おにいきなり入れられました。
 「くっあーーん お壊れちゃうーーん」 奥まで入れられた後 また抜かれてしまいました。続きを読む

私の性癖をちょっと書かせてください。
私って「M」なんです。
輪姦されるのが大好きで、エッチしているのを他の男性に見てもらうのも、とっても好き(苦笑)前はテレクラのサクラのバイトしてて、お金をもらいながら、イイ感じの人だったら、抱いてもらっていました。
(私の中で「抱いてもらう」というスタンスなんです)その中での体験ですが、ある大学の野球部の男の子とつながったことがあって、その子は、「野球部の先輩達に言われて、1年生が女の子を手配してる」といっていました。
話を聞いていくと、どうやらいろいろ女子を連れてきては、輪姦してるそうです。
でも、無理やりとか、ダマシは問題になるのが怖いから絶対にしてなくて、ちゃんとそういうことだと話をして、それに興味を持つ子を探しているんだそうで・・・。続きを読む

このページのトップヘ