レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:金髪



手コキ痴漢か迷ったんで、一応コチラへ。
成田空港についてお金がからっけつの俺。
荷物もあるし電車はイヤという我侭言ってたら係員が「ワゴンタイプの乗り合いタクシー」なら自宅近くまでOKと言うのを教えてくれたので探して乗る事に。
予約制みたいだけど、後から来る飛行機が遅れてるという事でなんとか乗れるらしい。
一番後ろの席に案内され、後から続々と乗ってくる。
俺の隣に座ったのは、ちょっとボーイッシュな感じのショートカットの女の子。
席順は──────────│●      │△│    │◎│○│○│ ││■│○│○│▲│──────────アバウトでゴメン、コレくらいしかかけなくて…●=俺◎=彼女■=なんかでかい荷物○=他の乗客▲=運転手△=誰かの荷物。続きを読む

変態M女レイプ体験】レイプされて快楽に火がつきました画像は多次元えろぐ関連記事にリンクしています。
一流大学を卒業後、大企業に入社、今年でol5年目の27歳です。
大抵の女より美人で仕事もできると自負しています。
かつての私は、道行く人や職場の同僚から受ける嫉妬・羨望の眼差しに快感を感じ、見下した態度をとるイヤな女でした。
こんな私を変えてくれたのは、ある男たちです。
今年6月涼しい日の出来事でした。
仕事を早く切り上げたその日の夕方、私は、ある喫茶店に立ち寄りました。
ふと気付くと、向かいのテーブルには談笑するフリをしながら私に見とれている3人組の男たち。
金髪にピアス、、チャラチャラした金属の安物アクセサリー。続きを読む



ケーイチは暗く狭い箱の中で目を覚ました。
体中に鈍い痛みが響く。
どうやら気を失っていたようだ。
頭が混乱している。
今までの記憶がはっきりしない。
突然、何度も何度も殴られて、訳が分からないままここに押し込まれたようだ。
箱は厳重に閉じられていた。
とても自力で開けられそうにない。
「仕事が済んだ後で、海の中にでも放り込んでやれ」男の邪悪な声が脳裏に蘇った。
そうだ、自分は殺されるところだったのだ。
そっと、僅かなすきまから外の様子を伺う。
無骨な男たちが何人もいた。
みんな、法律で規制されているはずの拳銃を無造作にぶら下げている。
全然事態が飲み込めないが、明らかにこれは冗談などではない。-----続きを読む

今日も、あの男はやってきました。
いつものように主人と子供を送り出した時間帯を狙って・・・。
ゴミの処理を済ませて、マンション下の広場でご近所の方と立ち話をしていました。
ふと、遠くを見ると、あの男がこちらに歩いて来るのです。
無精ひげをはやしたあの醜い男が。
私は背筋に悪寒を感じ、何とかあの男に見つからないように、その場を立ち去ろうとしました。
でも、次の瞬間、そんな私の想いははかなく崩れさりました。
なぜなら、あの男と目線があってあってしまったからです。
一瞬、私はあの男が、ニヤリとしたように感じました。
そして、次には私に対して、顎で合図を送ってきました。
それはまさに「早く、家に帰れ」という私への命令でした。-----続きを読む








和哉(19)、健二(18)、義人(18)、崇(16)、侑(15)
の5人の不良少年達による普通の清楚な大人の女性をターゲットにし
た獲物狩り→拉致・監禁・輪姦 は6月の教育実習生杉崎いずみの件
以来2カ月間滞っていた。リーダーであり拉致用のクルマのオーナー
でもある和哉が両親に無理やり2カ月のアメリカ留学をさせられた為
だ。留学といってもアメリカも夏休みで遊びに行ったようなものだが
・・・留学中の和哉は外人女性には全く興味が持てず、同じ留学中の
日本人にも、好みの可愛い女性が見当たらず、相当性欲をため込んで
9月17日に帰国した。日本に残されていた4人も清楚な大人の女性続きを読む

このページのトップヘ