レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:長身

丁度今の季節くらいで、洋服も薄着になり出した季節。
自分ではそんなに露出しているつもりはなかった。
ある日の朝、乗り慣れない通勤時間の満員時間帯に電車に乗ることになった。
ホームに着くと、人があふれていた。
「これが通勤ラッシュか・・・この調子だと電車の中座れないな」そう思いながら、列に並んだ。
みんな無表情で電車をまっている。
「これからみんな仕事なんだ」そう思っていると、電車が来るアナウンスが流れた。
電車が入ってくると列が少し横にずれるように動く。
電車の扉が開いた。
我先にと降りてくる乗客が降りきる前にホームにいた人たちが乗り込む。
流れに飲まれながら、私も電車内へと・・・しかし、流れは止まらず、私は必死に閉まっている方の扉と席の間のつかまり棒の所に逃げた。続きを読む

10年以上も前の高校時代の話。
僕こと佐々木祐太は壮絶な虐めを受けた。
男子からは四六時中暴行を受け、すべての女子からは無視され続ける、よく自殺しなかったものだと思う。
今思い出しても地獄のような高校生活だったが、一度だけ忘れることができない体験をした。
ロッカーに押し込められる、用具室に監禁されるなんて茶飯事だったわけだが、その日は放課後、クラスのボスたち数人から凄まじいリンチを受けた。
僕は喧嘩ができないうえ、6人がかりで攻撃されては勝ち目なんてあるはずなく・・・。
ぼこぼこにされた僕はジャージを脱がされ、白いブリーフ一枚にされた挙句、中庭に面したフェンスに連れていかれて大の字に縛られた。続きを読む



高校時代、同級生に真希という女がいた。父親がある大手企業の社長で俺
の学年の中ではボス的な存在であった。学力、運動等何をやらせても学年の
トップである。おまけに容姿も抜群で、モデル並みの体である。170cm
代の長身豊満な乳、くびれた腰、大きく引き締まった、きりっとした鋭
い目と妖艶な唇。ただ、人間性に問題があった。

 ある日俺は教室に入ろうとすると教室を出ようとする真希と正面からぶつ
かった。
 「痛いわね、謝りなさいよブ男!」
 「すいません…」
 ちょうど俺の顔が真希の胸に埋まるようにぶつかり、俺はにやけてしまっ
た。

 「あんたわざとぶつかったの!?汚い!ねずみの方がましね!」続きを読む



麻紀「いっいい~それっ擦れてぇぇ・・」
男「このチンポ試してみたいやろ?」
麻紀が小声で「試してみたいですぅ」
男「よっしゃ合意やな?奥さん挿れるでえ~生肉棒や旦那以外の5人目の肉棒や味わえよ~」長いストロークで「ズブズプ」と奥まで挿入されました。
麻紀「う・・うん大きいぃ」と少し体が仰け反る感じです。
男「奥さんホラ、ズップシ・・全部挿ったやん・・」と男が腰を「ズコズコ」しています。
麻紀「あああぁぁ、、イイ気持ちイイ、、ああ、、お、お~奥、まで、届くのぉぉ子宮、、壊れるぅぅ」」

男「奥さん俺のチンコどうや?奥さんのスケベ穴が俺の奥まで咥えこんでるでぇ~」
麻紀「すっ凄くぅ大きいですぅ、、今までこんな大きい人とした事ないですぅ・・」続きを読む



私のの裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。
○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため
私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。
結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、
私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。
あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。

あれは1年前の3月26日だった。
3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、
私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。
買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。
仕方なく解除番号を押して5階に上がった。
玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。続きを読む

このページのトップヘ