レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:陰毛


今日日曜日で会社ももちろん休み。

ついさっきまで会社に来る保険のお姉さんを自宅でレイプして犯しまくっていた。

「保険の話があるんだけど・・・」と言って自宅に来てもらった。

「あまり時間がないので、早く来て欲しい。」と嘘をついて、午前中の早い時間に来てもらった。

保険のお姉さんは澄江さんと言う名前で、35歳くらい人だ。

身長は155Cmくらいだろうか。やたらとおっぱいが大きい。

澄江さんは、体型を少し気にしているのかいつも黒っぽい服装でいた。

俺は、澄江さんをレイプすることをいつも想像してオナニーをしていたが、
「自宅で犯せば証拠が残らない。」と思い、わざわざ来てもらったという訳だ
続きを読む



90 :えっちな18禁さん :sage :2012/02/10(金) 11:20:12.73 ID:jD8453740(19)俺は高校時代から彼女のことを意識していたのだが、ひさしぶりに再会すると、彼女も俺のことを覚えていてくれた。そして喫茶店でコーヒーを飲みながらいろいろ話をしてみると、年の差をあまり感じず、なぜか気が合い、会話がはずんだ。彼女のアメリカ人の夫は仕事の都合でアメリカに一時帰国しており、日本に戻るのは半年近く先で、一人息子もアメリカで全寮制の高校に通っていて、俺と再会したとき、彼女は俺の出た高校で教えながら、マンションで一人暮らしをしていた。彼女も俺のことがまんざらでもなかったのか、それとも一人暮らしの寂しさがあったのか、その後、俺と彼女はよく一緒に食事をしたり、飲みに行続きを読む



もちろん、ただ送るわけはない。途中でもう一人の悪友に電話して、ビデオカメラ、極太油性マジック、荷造り紐とガムテープを持って来させて、合流。

優子の部屋に入って、まずはつぶれている優子の服を脱がせ、下着姿でベッドに寝かせてビデオカメラで撮影。次に処女膜貫通の時に暴れるといけないので、手足をベッドに荷造り紐で大の字に固定。優子はかなり長身のため、のひざから下がベッドの外に出して、ベッドの足に縛って、股を思いっきり開かせる。さらに、声を出せないように引き出しからみつけた下着を口に押し込んで上からガムテープで固定する。さすがに、今まで開いたことない程を開かれたせいか、段々意識が戻ってきたようだ。続きを読む



90:えっちな18禁さん:2012/02/10(金) 11:20:12.73 ID:jD8453740

俺は高校時代から彼女のことを意識していたのだが、ひさしぶりに再会すると、彼女も俺のことを覚えていてくれた。そして喫茶店でコーヒーを飲みながらいろいろ話をしてみると、年の差をあまり感じず、なぜか気が合い、会話がはずんだ。彼女のアメリカ人の夫は仕事の都合でアメリカに一時帰国しており、日本に戻るのは半年近く先で、一人息子もアメリカで全寮制の高校に通っていて、俺と再会したとき、彼女は俺の出た高校で教えながら、マンションで一人暮らしをしていた。彼女も俺のことがまんざらでもなかったのか、それとも一人暮らしの寂しさがあったのか、その後、俺と彼女はよく一緒に食事をしたり、飲みに行ったりするようになっ続きを読む



俺の遊び仲間にKという先輩がいる。 このKくんは人付き合いがよく男からも女からも好かれる感じの人だが女癖が悪い。 本命彼女を含め、常に3人程度のセフレと付き合っている。

ある時、Kくんと飲みながら、俺はセフレどころか彼女さえいない。と愚痴っていると 「じゃあ、1人やるよ」と言い出した。 「K子なんてどう?俺もそろそろ別れたいし、あいつ大人しいからセフレには丁度いいよ」 そんなに簡単に口説ければ苦労しないと言うと 「やっちゃえば大丈夫だって。K子はMだからレイプされても感じるから」 とバカな冗談と思って聞いていたが、それからもK子について胸が大きいとかおとなしそうだけどすごくHだとか、フェラが好きでずーっと舐めてるとか聞いているうちにだんだん興味が沸いてきてK子のことをいろいろ聞いてみた続きを読む

このページのトップヘ