レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:陵辱

その後は再び蹂躙の嵐だった 彼女の穴という穴は、すべて射精の対象にされていた 顔いっぱいに塗りつけられた精液 ローションでも垂らしたかのように性器にこびりつく精液 口、膣、肛門からは耐えることなく流し込まれた精液が出ていた うっすらとしている彼女の意識は、完全に性交だけを感じている 既に私が彼女に想っている気持ちは崩壊したも同然だった 男達はさんざん弄んだ後、オモチャにした彼女の脇に座り たばこを吸い、酒を飲みながら彼女の胸をつついたり ドロドロになった性器を指しながら「きたねぇ」などと言って 笑っている。
Aはその横で誰かに電話をしていた Aの指示で全裸にされた彼女がベッドから運ばれていった ほんの少しだけ意識があるのか、意味不明なことを言いながら 男達に両肩を抱えられて起こされていた 「綺麗にしてやるからね」「女を洗うのは初めてだよ」男達は 一同に笑っていた。続きを読む

もう何年前になるのかな・・・やっと過去の出来事だと思えるようになりました。
当時中学3年生になった私はクラス換えで新しいクラスメートと一緒になり、楽しい学校生活を送っていました。
二学期になりクラスの班換えがあってS子と同じ班になりました。
彼女学校を仕切っていた不良グループの一人と付き合っていて、教師に向かって反抗したりする手の付けられない生徒でした。
正直言って、私も嫌いでしたが仲の良い振りをしてご機嫌を取っていないと何をされるか分かりません。
クラスの女の子全員がそうでした。
その子が「席、隣同士になろーよ」と言ってきましたが、私は受験もあるしS子が隣りだと勉強にも集中できません。続きを読む



カップルと呼ぶには早すぎる少女達を・・・1 投稿者:じんかた つやし 投稿日:11月26日(日)6時2分16秒じんかたです。
今回は僕の単独痴漢の話を書きます。
たくさんありますがより多く、またはより長く少女とHなことができた経験の話から書いて行くことにしよう、と思っています。
また長くなったらすいません・・・。
17歳の時の話です。
その日の朝、ずっと治療を怠っていた僕の虫歯は急に僕の口の中で大きく痛み出しました。
学校を休んですぐに歯医者へ行き、治療の疲れで僕は4時間ぐらい昼寝をしました。
目を覚ましたのは昼の3時頃だったと思います。
何故か僕は、(若かったので!?)とてもむらむらとしていました・・・。続きを読む



高校生の時です。 長くてすみません・・・
朝、駅のホームでいつもみたいに並んでたんです。
後ろの人やけに息が荒いなあ、とか思いながらメールしてたの。
で、電車に乗ろうとした瞬間、その人にぴたっとくっつかれ、
人込みの波にまぎれてすごい勢いで押され、
車両の角に押し付けられてしまいました。
私はいつも最後尾の車両で、車掌室との間の壁に
寄りかかるようにしてるんだけど、それを知ってたみたいなんです。
電車が動き始める。かなり混んでいる。
その人は体の前に両手でカバンを持ってるみたい。
こぶしのごつごつしてるところが私のおしりにあたる。

いつもなら、咳払いをしたり、カラダをずらしたり
するんだけど、そのときはなんか違う気分だったの・・・。続きを読む



高木・柿崎・前川達が、僕の家に押し入ってレイプしたその日と翌朝、
は何事も無かったかのような態度だった。
僕は、きっと大して酷い事まではされなかったんだ、と、少し罪悪感から開
放されて楽な気分になっていた。
 次の日、学校に行くと高木と柿崎と他数名は学校をサボって来ていなかっ
たが、レイプ計画に参加していた米田という奴が登校していて、朝一で僕の
所に来て、「昨日、お姉さんは何か言ってたか?」と、罪の不安からか、僕
の動向を探ってきた。
僕は、が普段通りの態度をとっていた事を米田に伝えると、ホッとした様
に、「前川の情報通りだな・・」と呟いた。
大人しく真面目なの性格を知っている前川は、が泣き寝入りする事を見続きを読む

このページのトップヘ