レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:陵辱

山本はねちねちと英子の耳元でささやき続けた。

この時の山本は上半身を英子のからだに密着させて両腕は脇から背中に回して
しがみつくようなスタイルで抱きしめていた。英子の大きなおっぱいは山本の
胸で押しつぶされるような形をしていた。
そして、山本は英子の右頬に自分の右頬を擦り付けながら英子の耳元でねちねち
といやらしいことをささやき続けた。
そして、下半身は英子の両足をM字型に広げて自分の恥骨を英子のヘアーに擦り
つけるように回転運動を続けていた。

英子の意識が遠のき始めると山本は英子の耳たぶをかんだり首筋をかんだり
乳房に噛み付いたりして英子を覚醒させた。
山本は英子にありとあらゆる陵辱のかぎりをつくすつもりだったのだろう。続きを読む

山本は電話口の向こうで黙りこんでしまった。
「ねぇ、聞いてるの?」
「・・・」電話からは山本の息遣いのみが聞こえてくる。
かなり呼吸が荒れているようだった。

「なんで、山本君があんな写真持ってるの?」
「・・・」
「ねぇ、聞いてる?」
「えっ・・・あぁ、うん」
「誰が撮った写真なの・・・」
「山本君?山本君が撮ったの?」
「・・・あっ、うん」

「どうして、あんな写真撮ったの?いつ撮ったの?」
「・・・」
「ねぇ、黙ってないで答えてよ!」
英子の口調はだんだんと激しくなっていった。

「他にも写真あるんでしょう?」
「・・・」
「デジカメで撮ったの?」
「・・・」
「聞いてるの?」
「う、うん・・・」
続きを読む

『警視庁から入電中、警視庁から入電中、帝丹小学校体育倉庫で殺人事件発生。直ちに現場へ急行せよ。直ちに現場へ急行せよ』

 いま思えば、あの入電ボイスが全ての始まりであった。
ケータイ刑事である銭形愛の専用携帯電話には、事件が発生すると警視庁から捜査開始命令の連絡が入る。

指令を受ければ直ちに現場に急行して捜査に当たるのが愛の仕事なのだ。
その日も普段と同じように、愛は現場に指定された小学校へと一人向かった。

いつもなら大抵相棒の五代刑事も一緒にいるのだが、今日は法務大臣から仕事を頼まれたとのことで、珍しく別行動となっていた。
 普段と違うと言えば、現場の様子もどこかおかしかった。
学校で殺人事件となれば大騒ぎになるのが当然のはずなのに、体育倉庫には野次馬はおろか、鑑識の人間さえ見当たらない。続きを読む

(今は本当に可愛そうな事をしてしまったと、反省している私です)

綾がうちの課に来たのは、たまたま寿退社した子がいて、僕にとっては、素晴らしき偶然以外の何ものでもありませんでした。

綾は、今年大学を卒業したばかりの22歳で、身長が155くらい。

細めだが、胸は大きくて、髪が長く、小西真奈美に似た、(もう少し瞳が大きいかな?)清楚な感じのする、可愛い女の子であった。

あんな子は、10年に一度、いや、会社発足以来…と言う者もいたぐらいである。

当然のように、綾を全ての独身男性社員が狙っていたのかもしれない。

(独身以外も、狙っていたかもしれない)

そんな綾を、僕はうちの課で、一番のクライアントの担当にした。

そして、残暑厳しい9月、決算を前にしてその事件が起きてしまった。

僕らは、もう少し数字が欲しかった。

社内的には、好成績であったが、ダントツの結果が欲しかった。

その事は、うちの課の皆が知っていた。

「綾、いつもご苦労さんだけど、どうだろう、あのクライアントは前倒しで契約してくれないだろうか?」

綾は、人一倍頑張り屋で、うちの課でも、トップクラスの営業成績だった。

「私も、頑張っているんですけど、いまひとつ押し切れなくて、どうしたらいいか、困っているんです…」


続きを読む

カメラマンをしています。カメラマンといってもピンキリで、大抵は食うためにつまらない仕事をしているのが現実です。私もそんな一人で、小さな仕事を数こなして何とかやりくりしています。最近は、グラビアサイトの撮影がメインです。この手のサイトは多数あり、ほとんどが素人同然の子を使って低予算で運営されています。カメラマンのギャラも安く、当然、一流のカメラマンなど使えません。とりあえず仕事があるだけマシという私のような者が使われるわけですが、ギャラはともかく、仕事自体は楽しんでいます。若い子の制服ブルマ水着姿などが撮影の中心なので、ついつい仕事であることを忘れてしまいそうになります。続きを読む

このページのトップヘ