レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:陵辱



前編は以下のとおりそれから何回かKから着信があったのですが、なんかちょっと自分がしたことが怖くなって無視していました。
また会ってみたい気持ちはあるけど、今度会ったらまたHして、それからどうなるんだろうと。
Kはすごく人なつっこく、人を安心させる力があるみたいで、彼に対して恐怖を覚えるということは全然ありませんでした。
今度は普通に会って遊んでHってこともあるかなー。
と思いつつ、1週間後の電話にやっと出てみました。
K「おー、つながった!アヤ無視せんといてやー。なー、今からご飯食べにいかへん?」あー、あの時のひとなつっこいKそのままだ。
K「じゃ、今から15分くらいに前降ろしたセブンの前までいくし、近くに行ったらまた電話するわ」私が決断すまもなく電話は切られる。。。続きを読む



こんばんは。
lといいます。
19歳の大学生です。
皆さん、聞いてください。
先日、私は栃木県のある温泉に行ってきました。
そこにはサウナがあり、男女混浴でした。
水着着用だったので、私は青いビキニを着て入りました。
家族と一緒だったのですが、その時私は一人でした。
サウナの中には、私と、おじさんの二人づれだけ。
すいていたので、私はのんびりと入っていました。
すると、そこに3人組の男性が入ってきました。
3人とも茶髪で、チーマー系の人たちでした。
そして驚いたことに、3にんとも全裸で、タオルで前を隠して入ってきました。
は、丸見えです。
私は、慌てて目をそらしました。続きを読む



俺は生意気そうな女を見ると興奮する。
背が高く、スリムで、美しい女であればなお良い。
先日、電車の中でオレ好みの女を見つけた。
美しく、見るからに気が強そうで、生意気な感じのする女だった。
その女は座っていたのだが、よたよたしたババアが前に立つとさりげなく席をゆずった。
立ち上がって背筋をぴんとのばし、引き締まった表情のその女には、ショートカットの柔らかそうな黒髪がよく似合っていた。
凛とした、清潔な美しさを放っていた。
ババアに席をゆずったおんなが長身でしかもとびきりの美しい女だったので車内の注目を集めた。
その女は周りの好奇な視線など全く気にせず、真直ぐに前を向いていた。続きを読む



今日は割と早く帰れて良かった。
なかなか観られなかった、あのDVD観よう…。
そんなこと考えながら、自宅マンションのエントランスを抜けて、エレベータにむかう。
一人暮らしの私にはちょっと家賃は高いけど、セキュリティのしっかりしたマンション。
前のアパートはよく下着も盗まれたりしたし、夜遅く帰ってきてほっと出来るんだから、ここに引っ越してよかった。
エレベーター、上へのボタンを押してしばらく待つ。
ああ、また上の階へ行ったままなんだ。
降りる時には、一階ボタンを押してよね、もう。
家賃高めのマンションのせいで、入居者は中高年夫婦も結構多い。
おじさんおばさんって、マナー知らない。続きを読む



この間、彼と西伊豆にある混浴の無料温泉に行きました。
誘ったのは彼でした。
混浴というのは不安もあったけど、夜中に出かければ誰も入ってこない、とそこに何回も行っている彼が言うし、無料だからということで行くことにしました。
夜中の3時頃温泉につきました。
そこそこ広くて、脱衣場もあって、よさそうなところでした。
薄暗かったですが、かえって安心しました。
そして、やはり誰もいませんでした。
割と長(東京から行ったので)で少し疲れていたこともあって、彼と私はすぐ服を脱いで、温泉につかりました。
どこからでも見えそうな露天風呂に裸で入っているのが、ちょっと恥ずかしかったけど、温泉がぬるめでとっても気持ちよかったので、 そんな気持ちはすぐに無くなっていきました。続きを読む

このページのトップヘ