レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:集団

 中学校3年の1学期。
周りの頭のいい連中は受験を意識して勉強に励み、あんまり頭の出来のよろしくない連中も周りの雰囲気に?勉強しなくては!?と焦り始めた頃の事。
更に頭のよくない俺は?高校受験などしなくてもいいや、?と、3人の仲間と毎日遊び呆けて、学校も行ったり行かなかったり、行っても勉強している奴らを苛めたりからかったりして、かなり素行の悪い生徒達だった。
 そんな俺達がある日、生徒指導室に呼び出された。
?呼び出しなんていつもの事、ハクが付いていいや。
?ぐらいに思って生徒指導室に入ると、いつもの仲間3人と後輩の2年生2人が5人の先生の前に正座させられていた。
 いきなりだった。続きを読む



僕が小学校5年のときの話。
クラスメイトに柔道をやってる女の子・・・まなみがいた。
顔は普通かちょっとだけ普通より可愛いくらいで体格も決して大きくもなく、ちょっと活発なだけの普通の女の子って感じ。
ときどき話すくらいだが、なんとなく気になっていた女の子だった。
で、その頃はドッジボールとかほとんどの遊びは男子と女子に分かれて対抗戦でやっていた。
ある日、「けいどろ」っていう集団鬼ごっこ(詳細はググってくれ)をしたとき、男子は泥棒、女子が警察だった。
僕は女子数人に校庭の隅に追い詰められたが、女子の「陣地」にまで連れて行かれなければセーフなので、つかまえようとする女子から逃げ回ったり手を振り払ったりして余裕をかましていた。続きを読む



当時俺は小学5年。
従妹のねーちゃんとその友人たち数名。
高校の2年だった(はず)最初は従妹のねーちゃんと風呂にはいってて、チ●コにいたずらされたところから最初は俺がふざけててねーちゃんのおっぱいを触ったりしてた。
ねーちゃんは「チ●コに毛も生えてない癖になにやってんだー」とかいっしょにふざけてた。
で、体を洗ってるときに、俺は当時包茎チ●コで、チ●コの皮を剥いてきれいに洗うって習慣が無かったから体全体を洗って湯船に戻ろうとしたらねーちゃんに「こら、ちゃんとちん●んも洗いなさい。汚いでしょー」って引き戻された。
「やだよー皮剥くと痛いもん」「ゆっくり剥けばだいじょうぶでしょ」と、ねーちゃんは俺のチ●コを洗ってくれた。-----続きを読む



彼は、京都の自宅でタバコを吸いながら回想していた。
「ふ?、とうとうやっちまった」彼とは、名前は 朝倉 葉一 (35)、未婚、内科の免許を持ち医者として働いていたが、それは仮の姿で、本業はその世界ではかなり名が知れている一流のスパイAND 暗殺集団「熊の爪」に属していた。
葉一はその組織の幹部で、新しく組織に入った者の指導もまかされていた。
仕事の腕は一流なのだが博打に目が無く、よく組織から注意を受けていた。
そのため、彼には相棒であり親友の、 伊澤 伸二(38)がお目付け役として付けられていた。
伸二は葉一とは違い真面目で組織から信頼されていた。
「200万の借金を返す為とはいえ、組織を売ってしまうとは…まずったな」葉一は頭を抱えてつぶやいた。-----続きを読む



 静江に連れてこられた病院の看板には『池下産婦人科』とピンクのかわいらしい書体の文字で書かれていた。
春も本番になろうかという三月初旬の朝だった。
 カーテンの閉まった玄関口の前に佇む二人の間を、早くも散り始めた桜の花びらがゆるゆると落ちていく。
「今日は休みみたいだね。……また今度にしようか」 自分より五センチ以上背が高く、肩幅さえ広そうな静江を見上げて滋が気弱な声を上げた。
「あ、そうだ。忘れてた。休みの日だから裏口から入ってと言われてたんだったわ」 ちらりと滋を見た静江がひとつ頷いて言った。
 後は無言で滋を引っ張り右横のビルとの間の細い通路を入っていく。-----続きを読む

このページのトップヘ