レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:露出

年越しの神社で痴漢ごっこ

結婚5年を迎える夫婦です。
お互い共働きと言う事もあり、子供は作っていません。
しかし夜の夫婦の営みは人並み以上に回数を重ね、ちょっと激しさを増していると思われます。
年越しの日、私と(麻里32歳)は元朝参りに出掛ける準備をしていました。
毎年、車で30分程の神社にお参りに行くのが定番となっていました。
着替える姿を見ながら”なぁ、痴漢ゴッコさせてよ”とお願いしてみました。
 「痴漢ゴッコって?」
 「神社人混みが凄いだろう!そこで痴漢体験させてよ」
 「もう!変態何だから・・・」
 「いいじゃん!盛り上がった所で、初エッチって・・・」
続きを読む

目覚めたらがやられていた

3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。
久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。
はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。
早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。
ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。どうやらと同僚が運んでくれたらしい。
隣を見るとまだの姿はない。まだリビングで飲んでいるのだろうか?
のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。階段の途中で、の声が聞こえた。
「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」
明らかに嬌声とわかる。同僚がを犯しているのだろうか?
続きを読む

熟女巨乳の白人女性

俺は親の仕事の都合で海外生活が長く、日本に戻ってからは、帰国子女を多く
受け入れている私立高校に入り、大学に進学したのだが、大学に入ったばかりの
18歳のとき、42歳のアメリカ人の白人女性と関係をもっていたことがある。
彼女は俺が高校生のとき、俺の学年を担当していた英語教師で、ある日偶然、卒業以来
ひさしぶりに街角で再会したのがきっかけだった。彼女は既婚で、目や口のまわりに
少し小じわがあるものの、なかなかの美人で、背が高く、知的で洗練された雰囲気があり、
ブロンドの髪と長いが印象的だった。体型はスリムだが、大きく盛り上がった
スーツの胸元や、タイトスカートがピッチリ張り付いた肉感のあるヒップからは、
続きを読む

新婚なのに兄に犯された話

兄としちゃったのは結婚した年、三年前の夏のことです。24歳でした。

父やがわたし達兄を残して二人だけで旅行に行くことはそれまでもしょっちゅうあったわけで、
その時もまさかそういうことになるとは思ってもいませんでした。
なんであんなことになったんだろう。

思い出すと、あの晩、兄と二人で夕食食べながらお酒飲んでたんですが、
ワイン、飲み過ぎちゃったんですね~。
缶ビール、チューハイ一本ずつ、ワインもボトルで赤、白を二人で一本ずつ開けました。

それで、飲んだわたしが、兄に絡んじゃったんですよ。たしか。
それに人妻だけどあの時まだ24だし、着てた服が露出多めだったなあ。続きを読む

真面目なタクシー運転手

私は個人タクシーの運転手をしています。も成人した息子もいる、どう見ても中年と言
う年齢の私ですが、ゴールデンウィークの夜、神様に感謝したくなるような思い出と、懺
悔しなければならない行為をしてしまいました。

私は自分で言うのもおこがましいですが、真面目一辺倒でお客様第一ををモットーにして
おりました。
話は4月27日の金曜日まで遡ります。
折からの不況でタクシー業界もかなり厳しく、特に個人タクシーの私は殆ど休み返上でタ
クシーを走らせていました。

夜の10時くらいだったか、繁華街の大通りを空車で流していたところ、10人くらいの
団体の1人が大きく手を振って呼んでいました。続きを読む

このページのトップヘ