レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:顔射



夏に女友達S子と、T子と私の3人で、海に行きました。

S子は彼氏いたけど、遊んでる子で、S子もT子もナンパ目的でした。

海についてそのことを聞かされて、ちょっと動揺したけど
まぁいっか・・・
ってかんじにしか考えてなくて。
朝から浜辺に行って、同じような目的の男の子達を探しにS子とT子は
どっかにいっちゃって、私1人になっちゃって・・・1人で待ってる時にいろんなこと考えてて、なんかやけにムラムラきちゃって
前から興味があった『露出』をしたくなりました。

浜辺だし、バレないだろうと思いながら、
真っ赤の下着姿になったんです。

一見水着にも見えるけど、よく見れば下着だとわかるようなもので
ドンドン大胆になって、あっと言う間に下着の中はビチョビチョに濡れちゃってました・・・続きを読む

 むかしむかし、あるところに赤ずきんという女の子がいた。
 赤ずきんは礼儀正しく、優しく、誰からも愛される女の子だった。
 ある日、赤ずきんは母親に頼まれて森を抜けたところにあるお婆さんの家に お見舞いに行くことになった。
 母親は赤ずきんにこう言った。
 「外に出たら誰も信用してはいけませんよ」 赤ずきんは元気な声で「わかったわ」と言った。
 赤ずきんが鼻唄を歌いながら、森を進んでいると 一匹の狼が寝転がっているのに出会った。
 「狼さん、そんなところで何をしているの?」 赤ずきんが尋ねると、何年も体を洗っていないような不潔な臭いとともに狼が答えた。
 「何もすることがないから、こうして昼寝をしているのさ。  お嬢さんはどちらへ?」 赤ずきんは答えた。続きを読む

 狭い階段を上って雑居ビルの3階にある会社の事務所に行くと、部屋の中から女の呻き声が聞こえてきました。
あれはの声に違いありません。
急いで部屋に入ると、入り口にはあの男が立っていました。
口髭にサングラス、黒の革ジャンを着た借金取りのヤクザです。
私を見るとニヤニヤと笑います。
部屋の奥を見ると、なんとが別の男に背後から犯されているのでした。
机の上に両手をつかされ、仕事着の黒のスカートをたくし上げられ、パンストパンティーも無残に破られてむき出しになったに、下半身裸になった格闘家のような体格の男が、背後から腰を激しく打ち付けているのでした。
「ああっ・・ああっ・・・あああっ・・」と苦しそうに呻く続きを読む



女子大生に無理やり挿入した変態親父です。
今日は俺にセフレが出来た話でもしてみます。
何時ものようにダチの行きつけの居酒屋に気持ちよく騒いでいると1人の女性が話しかけてきたこの女性の名は嬢としよう。
ダチの知り合いですかと話しかけてくる。
俺:そうですよ、もうかれこれ30年以上の付き合いですかね。
嬢:そうなんですか、えっ・・・いくつですか俺:三十代後半ですよ嬢:全然見えません、てぃうかダチさんも・・俺:もしかして、ダチの事が気になるの嬢:違います、良くここであったりするけど幾つなのか聞いてなくて・・・俺:そうなんだ、幼稚園からずっと一緒にいる仲間なんだよたわいもない会話が続いた。続きを読む

570:恋人は名無しさん:2007/09/23(日)16:56:37ID:s2wilxxTO自分カップルの修羅場じゃないのですが、供養したいことを思い出したので夏の終わりに投下させてください。
俺と彼女は当時大学生
ゼミが同じで付き合い始めました。
気のいいおじさん?おじいちゃん?位の年代で、話が面白く人気の「松田教授」率いるゼミ内には、自分たちの他に「竹男」と「梅子」のカップルも居て、全体的に男女ともサークルのように仲のいいゼミでした。
571:恋人は名無しさん:2007/09/23(日)16:58:34ID:s2wilxxTOゼミは三年からそんな感じで仲良く続き、全員無事に就職も決まった四年次の夏休みにゼミ合宿に行くことになりました。続きを読む

このページのトップヘ