レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:4P

717 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/09/14(火) 19:11:13 ID:b46/V8Wn0ここには本物の痴漢はいないと思いますが、痴漢の心理に詳しい人が多そうなので意見を聞かせて下さい。内容は痴漢に対す
る被害届けを出すべきか泣き寝入りするべきかです。

痴漢を捕まえました。と言っても私が捕まえたわけではなく、近くにいた知らない人が捕まえました。(仮にAさんとします)
痴漢は6月くらいから私に痴漢をするようになり、夏休みが終わってからはほぼ毎日現れ、下着の中にまで手を入れるようになっていました。
その日は私の正面に痴漢、その痴漢の斜め後ろにAさんという位置関係でした。続きを読む

自分(27歳)には美佳(20歳)という彼女がいました。飲み屋で働いていた際、美佳がお客さんとして来たのがきっかけで知り合い付き合うことになりました。美佳はよく親友の優ちゃん(20歳)と一緒に自分の店に遊びに来ていました。
美佳は身長160cm胸はDカップ、細身の色白で結構カワイイと思います。優ちゃんは美佳より身長は低く細身な感じ、結構モテるコでしたが彼氏はいませんでした。
美佳はもちろんですが、2人ともすごくいいコでいつも自分の前では楽しそうに笑っていました。7つ年が離れていたので2人を見てすごく子供っぽい印象を持っていました。
美佳とのHは結構相性が良く、美佳はイキやすい体質のせいもあって一度のHで何回かイッていました。美佳は「N(自分)にしてもらってるからイッちゃうんだよ」と嬉しい言葉を言ってくれます。

続きを読む

前回の話はコチラ⇒

『いや!弟には見せないで!』

カワイイねぇ…奈津美ちゃん?』

『せっかくの綺麗な身体、俺達に見せといて弟には駄目ってのは可哀相でしょ…』

こいつらは最低の奴らだ!

そう思った所で、もうどうにもなりません。

僕はタオルの下からこもった叫び声をあげていました。

『心配すんな…まだ何もしてねえよ』

『ま、これからヤラシイ事、いっぱいしてあげちゃうけどな!』

貴がイキまくる姿、見せてやるよ!』

木下が鞄の中に手を突っ込み、何かを取り出しました。

それはボディーソープに似た、ポンプ式の容器でした。

木下がそのポンプを押すと、中から透明のオイルが出てきました。

それを手の平に取り、に近付いていきます。

『奈津美ちゃ~ん…いい気持ちになろうね~』

続きを読む

以前付き合っていた今は同じ会社の女の子で、結婚しようとしない私にしびれを切らして2年前に別れったきりでしたが、結婚すると聞いて急にムラムラと押さえることの出来ない欲情に駆られてしてしまいました。ドキドキしながら思い切って、付き合っていた頃に待ち合わせに使っていたパブで7時に待ってると伝えると不思議そうな表情をしており、ダメもとで待っていたら嬉しい誤算、1人で来てくれました。gmossp_forsp.ad('11612');gmossp_forsp.ad('11963');早々に、店を出てブラつき、頃合いを見計らい、寒いからと、持ち上げるように引きずりながら、嫌がるのを強引にホテルへ連れ込む。押し退けようとするのを、力ずくで抱き寄せ・・顔を背けるのを無理矢理キスし・・‘ね、やめよ・・・ね・・・’振り払おうと手を制しながら、クリトリス~陰唇を弄り・・・そうしていると昔を思い出すのかジットリと湿り気を帯び、ジュワ~と濡れてくる頃には、嫌がる声が上ずってアエギ混じりになった。興奮し、カウパーで亀頭が濡れている限界まで勃起したのを見ると、観念したのか、‘ね、お願いゴム付けて’と哀願してきた。そうしながらも、跳ね除けようと抵抗するが、手を押さえ、生のまま挿入。やだ……だめぇ~……ね、ね、………ぁ~ーん……アエギ声に、泣き声が混ざっており、快感と苦しそうな表情に泣き顔が混ざっている。泣き顔に興奮しフライング気味に少し精子が出たが、痛いぐらいに固くなったままで、泣き声を押さえようと激しくかき廻しながら腰を動かす。やがて、膣の動きが活発になり、痙攣したようにピクピクしだす。ね、外に出して・・・あっ…あぁ…あぁ~ん・・結婚しても当分子供は作らず仕事を続けるつもりで、婚約者の彼とはずっとゴム越しだったそうで、膣内射精の余韻がさめた後、泣出してしまいました。/* */ /* */泣きながら震える、乳房・おに興奮し、キツ~イ2発目を子宮奥へ注入。不思議と、こんな風に興奮した時の2発目は、1発目より・・・いつもよりも、固さが違う。翌日、会社で会うと‘最低!’という表情をしましたが、再度誘ったら嫌がりながらも「もう1回だけ!」との私の願いをシブシブ聞いてくれて・・・同じ事の繰り返し。ナマ挿入を嫌がるのを押さえ付けて強制膣内射精2連射。いつもだが、アエギ声で抵抗されると、燃えてしまう。結婚を止めるつもりは毛頭無いみたいで「結婚するまで」と言うことで、その後もヤリ続け・・・もちろん、結婚を控え、彼とはゴム付きばかりでナマは一度も無いので私とのナマ挿入は、かたくなに拒み抵抗しますが、結局、毎回・膣内射精。ナマ挿入を嫌がる女に強制膣内射精っていう危険な快感がたまりません。この女の子とは、以前にハメ合っていたから、強引ながらもヤれたラッキーなケースですね。で、一月半後、結婚式を済ませ、めでたく新となりました。晴れて人妻となり、ますます前戯・本編・膣内射精・後戯に燃えます。さすがに、お色直しの時にウエディングドレスを着たまま、膣内射精…というのは夢のまた夢と消えてしまいました。それでも、披露宴のあとの3次会は、新郎・新婦と別々にそれぞれの会社の人同士で散りました。その帰り「いくらなんでも、今日はだめぇ~」と帰ろうとする新を引きずるように連れ込み、4日ぶりの新婚ホヤホヤの膣内・子宮奥深く2連射。酔っていて生ハメをあまり抵抗しなかったのが残念ですが、新と思うと結構興奮しました(だから2連射できたんですが)3次会の後の為そのまま寝てしまいましたが、おかげで翌朝は、早く帰らないと…と言いながら帰ろうとする新を下だけ脱がしてナマを嫌がるのを無理矢理・・・外へ出してと哀願するのを聞かずにドピュッ!と、最高の1発ができました。var adstir_vars = { ver : "4.0", app_id : "MEDIA-1c3e8b35", ad_spot: 2, iframe: { width:320, height:100 }, center: false};var adstir_vars = { ver : "4.0", app_id : "MEDIA-1c3e8b35", ad_spot: 3, iframe: { width:320, height:50 }, center: false};挙式を終えたとあって、今までより強く抵抗し、生ピストンの最中も‘だめぇ~・・・’動きが激しくなりイキそうになると‘いやぁ~っ、外に・・・’と喘ぐ新に、ガマンできず、1発目を終えた後、会社を休むことにし、新婚行へ出かけるギリギリ昼まで、ハメっぱなしでした。‘だめぇ~っ、赤ちゃんできちゃぅ~’という新の声とともに残る精液を注入。そのままパンツを履き「あ~っ、漏れてきた」と言いながら、帰ったけど・・・・新婚行へ出かける前には洗うよなぁ初夜に、新の股間が、精液まじりで汚れていたらシャレになんないよなぁ。で、この新いわく、彼(ダンナ)とは、ずっとスキンを使っているそうですが、最近濡れにくくて、だんだんSEXが面倒になってきたと愚痴ってます。同じマンションの人妻達も、同じようなことを言っていて、ダンナとは全然SEXしなくなったそうです。やっぱ、スキン使用を継続するのは根性いるのかなぁ。この新とは、平日、会社近くに借りているアパートで、週2~3回キッチリと、生ハメ&膣内射精しているのに、今でも膣内射精どころか、ナマ挿入も嫌がるばかりでなくナマで挿入させまいと抵抗します。それでいつも、カウパーで濡れた亀頭を跳ね除けることができず、ナマを嫌がるのを無理矢理を熱く濡れそぼった膣へ挿入・・アエギ混じりの‘だめぇ~・・・いやぁ~っ’という声と共に、思いっきり膣内射精。感じているのに抵抗されるってのが、興奮してとってもGood!です。最近、他の奥さん達もそろそろ妊娠するんじゃないか・・」と心配する気持ちが強くなってきたのか、膣内射精の嫌がり方が強くなってきたので、いい傾向です。でも、ナマ挿入は嫌がっても、パンツを脱がすのは抵抗しないし本当は、危険日の時みたいに激しく抵抗して欲しいんだけどなぁ。出来たら、生ピストンの時に泣きじゃくりながら、喘いでほしんですけどね。それにしても、この若奥さんとは今週はアブナいからほんとうにダメって嫌がっていても、かまわず2~3日に1回はハメているのに、なかなか妊娠しないな。うん、いいことだ。 以前付き合っていた今は同じ会社の女の子で、続きを読む

ある日、私はネットサイトで岩○のケ○○ワ○○ドが今年で閉館する事を知った。

子供が出来て何度か遊びに行った場所であり、が初めて痴漢された思い出の場所でした。

正直ショックが大きく、もう一度行きたいという気持ちが込み上げていたんです。

その事をに教えると

「え!?結構良い所だったのに…残念ね」

と、私と同じ気持のようでした。

子供も

「え~じゃ、無くなる前にもう一度遊びに行こうよ」

と言うので、と相談して出かける事にしたんです。
(子供が行きたいと言わなくても、絶対行こうと思ってましたが)

そして、私は去年の夏に知り合った家族(伊藤さん夫)を思い出し、誘ってみる事にしました。

『久々です。元気ですか?・・・今度ケ○○ワ○○ドに行く予定を立てています。一緒に行きませんか?』続きを読む

このページのトップヘ