レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:M女



東京北区の赤羽に住んでいる26歳のOLです

通勤で、埼京線に乗るんですけど、
毎朝、うんざりする程の満員電車

そして、埼京線の名物?なのか
本当に痴漢率が凄くて
毎朝、通勤電車に体中を痴漢に触られ
襲われるんです

しかも、だいたいいつも同じ痴漢の人

電車の車両を変えても、
乗る時間を変えても何故か、
数日のうちに痴漢の人に何故か発見され
痴漢されるんです

会った当初は、スカートやズボンの上から
お尻を撫でてきたりブラウスの上から、
胸を掴んでくるぐらいのソフト痴漢

それが、日々エスカレートし、
スカートをまくったり
ブラの中に手を入れられ
おっぱいを生で触られたり

ってな事になり始めました。続きを読む



大学のサークルの皆で浴衣を着て
花火大会に行きました

花火大会の後は居酒屋に行って
お酒を飲んで解散になりました

私はお酒を飲みすぎて
帰りの山手線で
酔って立つのやっとって感じで
ずっと下向いてました

電車は新宿から
池袋まで乗ったのですが
超満員電車

乗った瞬間から一人だけ
みんなと違う方向向いた男の人
スーツじゃないけどきっと
サラリーマンって感じの男性がいました

そのサラリーマンと
私は向き合ってしまい

乗った瞬間からその人の右手が
私のおまんこに自然に
当たってる感じなんです

サラリーマンは背が高くて
私はすごくつらかったこともあり

もうしわけないのですが
寄りかかる感じになってしまってました
続きを読む



私が中学受験をして
私立中学に通っていました

あれは私がjc二年の時

テスト期間でお昼の三時くらいに
下校して電車で寝ていたんです

席は窓側のBOX席

平日だったせいかガラガラでした

右隣に座ってきたキモいおっさんが
ひざの上に大きなボストンバッグ置いて
通路から見えないようにしていたんです

そして、横でうつらうつらしてる
私の胸に組んだ肘を
ツンツンと当ててきて
痴漢してきました

寝てるの確かめてたんだと思う

痴漢初体験だった私は
怖いのとちょっと
ドキドキしちゃったのとで
気付いてたけど寝たふりしていました

だんだんと肘のつんつんが
強くなってきて

そのうち、痴漢で変質者のキモオジサンは
続きを読む


私はリビングを覗いた。
Yがを見下ろしながら、全裸になっていく。
その年齢にしては屈強な裸体が現れる。
浅黒く大きな男の裸体だった。
拘束が解かれる。
そしてYの手は、未だ大きく息を吐き続ける、のファスナーに手を掛けた。
は動かない。
Yがワンピースを裾から捲り上げ、の頭部から引き抜く。
は少しだけ抗ったが、強引にその両手を上げさされたのだ。
下と揃いのラベンダー色のブラジャーを、は着けていた。

「ダンナは未だ帰ってこないよ」

未だソファーに上半身を埋めたままのに、Yは初めて声を掛けた。
の剥き出しの下半身が、異常に白く思えた。
が何かを言った。
私には聞こえなかった。

「ダメだ。もう一度だけ犯すよ、奥さん

続きを読む

4Px;">

ネットで通信しながらやるリアルタイムオンライン合コンがヤヴァすぎると話題にwww

ログインすると速攻で近所でログインした女とかと繋がって「さぁ合コン開始」っていう鬼の様なサイトw円やブスもいる、むしろわんさかいるが、当りだって・・・「たまに」いるんだww



 |  | カテゴリ:  | 4Px;">

まだ、ちょっと手の震えが止まらない(震え声)

ってか何なんだこの「初回軍資金2倍ボーナス」って。10万入れれば20万に昇格、勝てば続行負ければ10万に戻った時点で撤退。。。

あれ?これって負けなくね?www



 |  | カテゴリ:  |Pick4Px;">

俺一人暮らしなんだけど、女友達から風呂貸して欲しいと連絡あった


理由を聞くとセフレキスマーク付けられて、寮の風呂はばれるから入れないとのことだった

その子が着替えてる時も鏡の扉ごしにシルエットが見れてムラムラしてた



 |  | カテゴリ:  |Pick4Px;">

彼女が○○○にガッツリ××××されてたことが最近判明した。



 |  | カテゴリ:  |<   |   >-->12月 レイプされた相手と結婚したwwwwwwww10Px 0 0 5px; clear:both; float:right;"> 9: 名も無き被検体774号+:2013/12/11(水) 16:53:41.57 ID:5neSDhuk0 ol" target="_blank">OLd">なるほどありがとう
スマホからだから遅いけどとりあえずレイプ当時のスペック

私(18)
高卒で地元に就職

相手(24)
同じ職場の先輩
包茎

お互い別に付き合ってる相手はいた

続きを読む

このページのトップヘ