レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:SM

電車の中で義父の指が私の股間に…

私は25才で、結婚2年目の主婦です。
 義父は現在、定年を二年後に控え一人暮らしをされています。その義父から連絡があり、出張の帰りに一泊されることになりました。そしてその日、義父に買い物に誘われました。
「玲子さん、ちょっと買い物があるんだけど、付き合ってくれないかなあ。一人じゃ不案内で一緒だと心強いから」「いいですよ。着替えてきますね」 私は寝室に行き、軽くメイクをしてスーツに着替えました。




ウエストが細く絞ってあり、スカートはミニで、膝上十センチ近くあります。
義父さん、お待たせしました」
 私はデートを楽しむかのように微笑みました。続きを読む

の過去と性癖

私達夫婦は(達也・45歳・会社員)(美幸・41歳・専業主婦)娘が大学進学で京都に行ったので二人だけの生活になりました。
「新婚みたいね」
と、が言うように夜の生活も月1から週に2~3回と増え、普通のセックスから新たな刺激を求めるよになっていました。
以前は、娘の部屋が隣だったため手で口を押えて声を出さないようにしていたでしたが、隣を気にせず声を出して乱れるが新鮮に感じます。
セックスの最中にの過去の男性経験を聞きだしたのもこの頃でした。
クリトリスを弄りながら激しく舌を絡ませたキスをしている時、
『美幸は処女じゃなかったけど何人の男を知っているんだろう?』
と、疑問が浮かんできました。続きを読む



前編は以下のとおり



俺の目に飛び込んできた美乃の姿は、上は白いブラウスだけで、

下は生足でこれからジーンズを穿こうとしていた状態でした。



美乃は俺の顔を見るとあまりの恐怖心でなのか、

声も出ない状態でした。



俺はトイレの中に侵入すると、美乃を壁の方へ押しつけるようにして、

自然とキスをしようとしてました。当然美乃も抵抗します。



か細い腕を伸ばし俺の顔が近づかないようにして、

顔を背けました。美乃の力ない腕を押さえるのは簡単でした。



まるで万歳するように美乃の両腕を頭の上の方で、




左手ひとつで押さえ、右手で美乃の顎を動かないように押さえながら

続きを読む



実際に起きた出来事を報告します。

私は38歳になるサラリーマンです。
(ユキ)33歳はバツイチ女性で、子供もいません。
はごく普通の主婦って感じで、顔も自慢って程ではありません。
体系もモデルの様なスタイルとは程遠い、ムッチリおばさん体系かなぁ、
でも胸はお椀型のFカップと唯一自慢できる所かも知れません。

結婚5年を過ぎ、夜の営みも大分減りました。
ノーマルSEX以外試した事もありませんし、もそれで満足していると思っていました。
あの日まで・・・。

その日、は旧友と一緒に買い物に出掛けていました。
久々に寝室にある夫婦用のパソコンを開き、ネットを閲覧していると手違いで、履歴から
続きを読む



私達夫婦は(達也・45歳・会社員)(美幸・41歳・専業主婦)娘が大学進学で京都に行ったので二人だけの生活になりました。
「新婚みたいね」と、が言うように夜の生活も月1から週に2~3回と増え、普通のセックスから新たな刺激を求めるよになっていました。
以前は、娘の部屋が隣だったため手で口を押えて声を出さないようにしていたでしたが、隣を気にせず声を出して乱れるが新鮮に感じます。
セックスの最中にの過去の男性経験を聞きだしたのもこの頃でした。
クリトリスを弄りながら激しく舌を絡ませたキスをしている時、『美幸は処女じゃなかったけど何人の男を知っているんだろう?』と、疑問が浮かんできました。
続きを読む

このページのトップヘ